AM2:00の愉悦


勢いで口走ったようなもんでしたが、
よくよく考えてみたら、
小学生か中学生くらいから、
AM2:00はとても好きな時間帯でありました。
26時というとまたニュアンスが変わってしまうのが難点。


さて。
昨晩は、京男の御二方と飲んでおりました。
一名は初めまして。
俗にいう「友達の友達」です。

二人とも京都人でー、
つまりは関西人でー、
…………一瞬で関西弁に帰ってしまいました。
何度も言いますが、私が関西にいたのはたった半年ですからね!!
なんか皆して「二年くらい行ってなかった?」とか言うけど!!(爆)
(今現在、必死で標準語で喋って&書いてます)

こほん。

で、飲み始めが9時の鶯谷。
「あー、こりゃ終電無理だな」
と思いつつ合流。
いつもの店が満員で入れなかったとのことで、
二軒隣りで飲み始め。

冒頭のAM2:00発言はここで出た話で、
「終電を気にして飲む酒が旨いかぁっ!!
 酒が一番旨いのはAM2:00頃だぁっっ!!!」
と私がのたもうた台詞です。

ラストオーダーが来た辺りで、
もともと行くつもりだったお店に再突撃かけようという流れに。
何とか端の席をゲット、
ぐだぐだ喋ってるうちに何か隣のお姉さんと盛り上がりました。

ましたはいいけど、お姉さん、大阪出身。
更に関西弁。
ていうか、私が東京出身で半年しか関西人だったことが無いって言ったらだいぶ驚かれた。
何だこれ。(泣)

沖縄行ったときは三泊四日でイントネーション治るのにひと月掛かりましたが、
関西人は人口多い上に接点多いからほんとに抜けない……。

帰りは上野までだらだら歩いてからタクシーとっ捕まえて帰宅。
上野からタクシーとか生涯2度目だ。
楽しい運転手さんでした。

ともあれAM2:00の、
本気の奴しか起きていない感じと言うのか、
「何となくこんな時間になっちゃった」
にしては行きすぎな時間の感じが好きです。

宵っ張り三人で飲んだくれて歩く感じは、
なんとなく「突然炎のごとく」のようでありました。

ああ楽しかった。
お二人ともありがとうでした!
また飲みましょうね~。


ちなみに。
桜台駅前2:40頃着、
本日は8時間労働、
朝が死ぬほど眠かったのはご想像のとおりです。(笑)
スポンサーサイト
2017-10-15 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

コトは大体連鎖する


9月に採ったばかりの新人のことで頭を抱えています。

母の発言で久々に頭ぶん殴りたいものがありました。

昨夜に隣人宅に警察がいっぱい来たかと思えば、
今朝にはもう一方の隣人の痴話喧嘩に叩き起こされ、
支度をして出ようとしたら踊り場には救急隊とまた警察。

それのお陰で遅刻気味に事務所着、
健康診断のついでに隣人の話をしたら人事の人(割と新しい)に
「え、それってパートさんの話だよね?」
とか言うので若干鼻で嗤いそうになりながら
「ついさっきの私の出来事ですよ?」
と回答。

診断を終えて帰ってきたら来訪者、
何事かと思ってひっそりと様子を伺えば、
今月やるとだけ聞いていた工事の業者さん。
「えーと、こちらのお部屋は、19日の午後を予定しているんですけど」
「仕事でいません。午後まるごと。帰りは10時過ぎです」
とキレ気味に返しつつ、
予備日、というか私がいる日だけ通達。

ちなみに工事の内容ですが、
窓枠&窓の丸ごと入れ替え。
どう考えたって部屋は片付けておかないといけないし、
無論私の在宅が前提ですし、
窓枠周辺の家具をどうするかなどは今に至るまで一切何も知らされていません。
あまりに何も言ってこないから延期になったのかと思ってました。

えーと。
今日(土曜)のしかも昼間に私がいること自体珍しく、
偶然打ち合わせで来たからいいようなものの、
下調べの採寸の時に散々私をイラつかせてくれた会社です。
絶対また何かやらかしてくるに決まってます。
(そもそも来週の平日の午後って、大半の社会人に無理があるだろう)

…………現実逃避したくなっても仕方ないよねぇ、これ…………。
と自分で自分を慰めてみる。
2017-10-14 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

文と語とうた


「物語そのものはむしろ好きなんだけど、
 決定的に文章の音としての繋がりが崩壊していていちいち蹴っ躓くんだよぉ!!」
と、
管を巻いていたのは半年くらい前でしたっけ?

まぁ、その後日談というかアレンジというか。


私に限った事じゃないでしょうが、
何となく心によぎったことや思いつきや、
後日生かしたいことは大概何処かにメモっておきます。

単語の羅列であったり、
設定であったり、
コピーのようなものであったり、
特定の風景であったり、
デザインであったり。

手書きだったり携帯やパソコンのメモ書きだったり、
使ったり使わなかったり変容したりはしますが、
何処かに記録しておくのはもうただの習い性です。

さて先日、
がっちり書き込んで残せるようなネタがあって、
手書きでは足りなかろうからパソコンに文章にしようと考え、
頭の中を少し整えにお風呂に入り、
…………髪を乾かしている間にうっかり電源を落としました。

(だってパソコンってつけとくと無限に作業できるじゃないですか)
(そのうち何が目当てだったのか忘れちゃったりするじゃないですか)

で、翌日に書けばいいか、と思って布団に入ったのですが、
なまじ頭の中で整理したせいで一度寝たら薄れそうでもったいなくて、
ボイスレコーダーに吹き込んでみました。

未だかつて初めての試みであります。

ありますが、
これがまた、台本もないのにすらすらと綺麗に言える言える、
ちょっとした単語の調整すればいいやーくらいまで淀みなく続き、
「あー、これは文字ではなく語りが最適であったか」
と自分ながら驚きました。


何が言いたいのか分かりづらいと思いますが、
文字を用いての文章と声を用いての文章は、
使う言葉も抑揚のつけ方も違うのだから、
使い分けられるよね、という話です。

語感のいい言葉だけ並べてもバランスを崩すな気持ち悪い、
という話でもあります。
(冒頭参照)

その上で、
うた、というのはまた特殊だと思います。
そもそも漢字で「うた」っていっぱいあるけど、
それぞれの特徴もちょっとづつ違いますしー。
漢「詩」的なうたもあれば短「歌」的なうたもあって、
その妙味は少しづつ違いますでしょう?

そんな訳で、
言葉の扱い方を変えてみた結果、
私のメモのバリエーションが増えてしまいましたというお話。

漢詩には流石にまだ手が出ませんが、
狂歌や川柳に手を出す日も来るような来ないような。
2017-10-12 : 散思考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年10月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード