Ex-Tr 2


ええと、お付き合いいただきました皆様ありがとうございました、
「一週間の夜の音楽」、
無事に二週目を完走いたしました。

テンション低めなのは、色々と思うところあるからなのですがまぁさておき。

前回に引き続いた企画ですが、今回は縛りが色々ありまして、

・iPod内のプレイリスト「BGM」からランダム再生(前回と同じ)
・サントラ、二次創作など、もとのストーリーやキャラクターがあるものはスキップ
・同じアーティストは一曲きりとする(4日目についに被った)
・曲の短さは考慮に入れない(1:30の曲でかなり悩んだ)

などなど。
一週目がいかに神がかった引きだったかを痛感しました……。

パッと見にはわかりづらいとは思いますが、
全てのTrにて、
いちいち文字色を設定し、
かつ偶然にも被らずに済みましたが、
特にグリーン系困りました。

そしてそこから推測された方もいるでしょうが、
今回の組み合わせ、難しかった……orz
けどまぁ楽しかったのでよしとしましょう。
課題山積み!

これほど読者層を意識していない記事を定量的に見てくださる方がいて、
それだけでもちょっと報われた気持ちでいます。
ありがとう。
スポンサーサイト
2014-03-08 : 一週間の夜の音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Tr2-7 hoshinoiro [stereo mix]


「寒いねー」
「ほんとだよ、全く」
「まぁまぁ、あと五分くらい待ってあげようよ」
「待たないとは言ってない、寒いだけ」
「そだね。コーヒーでも買ってくる?」
「あー、飲みたいかも。お願いできる?」
「オッケー」

「ブラック無糖お待たせー」
「待ってるの、コーヒーより人だけどな」
「確かに」
「あっつ」
「寒いよりマシでしょ。あー寒い」
「放射冷却」
「え?」
「星が見えるから」
「……あ、ほんとだ」
「夜に晴れてると、余計に寒く感じるんだよな」
「ヤなこというなぁ、折角綺麗なのに」
「悪い、つい」
「ところで、これ以上待ってると時間なくなっちゃうよ」
「置いてくか」
「そうしよっか」
「…………」
「…………」

「よし、」
「行こうか」
「あ」
「なに?」
「星」
「うん」
「流れたかも」
「え、マジで?」
2014-03-07 : 一週間の夜の音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Tr2-6 AM2:00 (inst.)


夢と現実の隙間
通った音に知らないノスタルジーを重ねてみたりして

ふわりと浮かぶように
希釈されていく世界
眠りの時間に減速していく
少しだけ 酸素の薄い時間

ふつり
意識も溶けて

遠くの無意識の中へ

2014-03-06 : 一週間の夜の音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Tr2-5 Sekai


脈  呼吸
波動  潮
寄せる 

ひしひしとつたわってくるぴちぴちとしたしげき
ちくちくとおしよせてくるじくじくとしたうずき

内側から、外側から、
迫る、逃げる、押し寄せる、

 ひといき。

とじたままに感じている。
体のそこかしこにある圧力、
そうだこれはなにかつよい、

 ひかり、

ひかり、光り、光、

 ひかり!!!!!

眼をさます。
いや、眼をひらく。
つめたい飛沫が光の感触を上書きしていく。

足が出る、
反対の足が出る、
体が動く、
前へ、前へ、前へ、前へ、前へ!!!!!

荒い呼気と共に意識が暗転する
その消失点は、絶望的に明るかった

2014-03-05 : 一週間の夜の音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Tr2-4 ibuki


これはまったくいい夜だった

薫る中をそぞろ歩く
汗ばんだ体をカウンターに近づける
温まっちまった体に一杯のウォッカトニックを流し込む
息をつく

浮ついた空気
それを厭うような無粋は見当たらない
計算的ハイテンション
無軌道な会話の波
鼻に残るアルコールに合わせて
煙草に火をつける
揺れる紫煙

一服ついた喉の渇きを
今度はとろりと凝縮したウォッカで埋める
このままではエンドレスだ
空いたグラスと感情を並べてみる

裏通りを行く
この先からまた濃い気配
青臭い匂いが通りをまっすぐに走っていく
深呼吸を一つして
また煙草に火をつける
青い空気をかき混ぜるように
煙が置き去りにされていく
2014-03-04 : 一週間の夜の音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年05月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QRコード