青年とは何歳程度を指すものか


ちょっと歴史にまつわる気になる事があって、
ウィキサーフィンをしておりました。
近代史あたりやりたい。


さておき、気になったのは、
ウィキの文章の読みづらさ。
読点も打たずにだらだらだらだら説明が続く。

なめとんのか。

人様の目に触れるもの。
小説なんかでわざとならともかく、
句読点もろくに使えん奴が書くな、などと
ファッショな事を考えてみる。

スポンサーサイト
2010-09-29 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

茶。


涼しくなってきたので、お茶の時期到来!!
ですね。
お酒だけでなくお茶類も大好きな私にはうっきうき。

という訳で、自分土産の披露も兼ねて、
今家にあるお茶&茶器を列挙してみます。

・日本茶
 緑茶が一つ、焙じ茶一つ。
 緑茶用の茶筒が無いが、急須は二つある。

・紅茶
 トワイニングのセイロン、
 マリアージュ・フレールのマルコ・ポーロとアールグレイ。
 フレーバーティーが苺二つ、どちらも貰い物。
 あと、ハーブティーも貰い物が一つ。
 マグカップは全部で五つありますが、
 紅茶用は三つ、かな。含む客用。 
 それらとは別に、ポットとカップが一体のものもある。

・珈琲
 実はドリッパーが無い。
 ただし、エスプレッソメーカーはある。
 なので、粉はエスプレッソメーカー用に一つ、
 カップはデミタスが一つ。
 なお、ドリッパーを買わない理由は置き場がないこと。

・ココア
 ヴァンホーデンしか認めない。
 作り方も、ミルクパンでねりねりするのしか認めない。

・中国茶
 元々中国茶器のセット(茶杯、茶船、急須)を持っていたのにプラスで、
 蓋碗と茶海まで買ってしまっている。
 金魚の茶漉しが可愛いのだ。
 お茶は、
 奇蘭香、幽蘭鳳凰、金賽黄芽、月季白茶、銀針香六安、峨眉香六安。
 ええ、買い漁りましたとも。

・その他
 今は無いけど、冬場のお供にゆず茶を買う予定。
 あと、チャイパウダーがある。

2010-09-26 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

世界のこと


忘れがちですが、元写真部です。
今はあんまり撮りませんが、撮る時は本腰入れて。
デジカメとレンズ付きフィルムを忌み嫌うのは習性。


よく、
「人の気配がしない」とか「現代じゃないみたい」と言われました。
地に足ついてないってことですねわかります。

考えてみたら、小説その他でも「独特の世界観」と言われました。

物を作る人は、多かれ少なかれ「何を伝えたいか」と戦うと思うのですが、
あんまり「何を」と考えた事はなく、
そこにある温度、湿度、色、音、匂い、気配、
そういう物についてを延々と考えて、
どうにか閉じ込めようと思っているうちに出来あがってる事が多いです。
多分、キャラクター小説が書けない手合いなのだと思います。
人間関係を書く事に主軸が移りそう。

植物の不穏な感じ、
月夜の血が騒ぐ感じ、
夢見の悪かった時の寝起きの部屋の感じ、
無機物が有機物に見える感じ、
感じ、
感じ、
感じ。

表現しきれない物をどうにかだまし絵みたいに見える気にさせるのが物を作るという事なのかな、と思います。

たとえば、
何億光年も前の光が、いま現在の物であると思わせるような、
あやふやな錯覚で。

2010-09-25 : 散思考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

いいたいことはひとつだけ


手掴みで

でかいケーキが食いたい


以上。
2010-09-25 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

生まれ戻ったら


ギャングスターにでもなってみたいかな。
エリオットのうざさは異常。


うっかりもうすぐ一週間経ってしまいますが、
先週日曜には第二回これを行いました。
がしかし、各々の事情があり、私・ぱに氏・蒼の三人きり。
かなしめ。

今回はひたすら麻雀。
ぱに氏の抱負「かざみさんに振り込まない」が悲壮過ぎますw

つーか、いくらなんでも煮込みの鍋持参してくるとは予想外でした。
うまうま。
他にも、買って帰っていたばかりの中国茶、漢方にきのこぶち込んだスープ、
あーんど日本酒、でだらだら遊びました。
二人とも当日帰る予定だったのにねぇ。
あれれーおかしいぞー。(爆)

ちなみにこの日は、

私:前日の12時近くに帰宅
蒼:翌日は富士急
ぱに氏:翌朝早くに成田行き

という各々過酷な会でしたw
私はと言えば、一睡もせず部屋を片付け、
風呂に入って本を読むまでしました。

相変わらずのタフっぷりだなおい。(自分で言うな)

今度は最低4人集めて普通の対人麻雀やりたい!
あと、低額でいいから賭けたいです!!!

2010-09-24 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2010年09月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QRコード