継続


先週がどたばたウィークだと、
今週は楽だと思っていたら、仕事的に超どたばた☆

そんなどたばたの中、本日は楽しい事が二つ。
何年ぶりだかにツタヤのカード作ったのと、
雨の中チャリぶっ飛ばした事です。

突然に、自分の変わらないところを見つけるのは楽しい。

仕事でどんなに疲れても接客業である以上無愛想ではいけない訳ですが、
それにあんまり違和感を感じた事が無くて、
ぼーっとそれについて考えていたら、
多分バレエのせいだと思い当りました。

中学までクラシックバレエを習っていたのですが、
あれってばものすっごい運動量のくせに、
疲れた顔が出来ないのですよ。
練習ならともかく、舞台の時は、リハでもよく注意されました。
悲しげなシーンならいいのですが、
勿論そんなのがあるのはメインの方々。
あと、多分ジャンプ力の関係で跳ねまわる役が多かったのもあるか(笑)

そんなことを思い出しながら、
そうだよなー、足が痛いのもおんなじだしなー、とか思って楽しかったです。
痛い場所は違うけど。

帰りには、ぽつぽつ降る雨がだんだん大きくなって、
だんだん視界が歪んで行って、
洋服がまとわりついてきて、
そういうのが楽しくて仕方なかったです。
荷物さえ無事なら、私は雨に濡れていたい人。
小学校の頃には既に完成されていた嗜好。(笑)

で、やっとこさツタヤでカード再発行。
図書館のビデオ在庫がひどかったのに業を煮やして。
明日があるのであんまりゆっくり見れなかったですけどね。

今の部屋に入って早一年半が経つ訳ですが、
一年半経ってようやく元の私の形に近付いてきた気がします。
何処となく。

とはいえ、どんだけ遠くに行っても、
私の立っている形の基本はそう変わらない気しかしません。
成長しないんじゃなくてハイエンドなんだと思い込んでみる。
スポンサーサイト
2011-04-27 : 日々雑記 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

大会


てな訳で(前記事参照)、日曜は騒いできました。

が、目覚めるなり体に異変。
どうやら眠剤を変えたのを飲みすぎたようで、
起き上がれないとか久々でした。
15分ほど遅れて待ち合わせ場所に到着。

まぁなんつーか予想通りに皆腹減ってたので、
私の好きな台湾中華屋で朝ご飯。
ウーロンゼリーを侮るものなど固められてしまえ!!

面子的にカラ鉄に居続けたかったのですが、
2時間制と言われてしまってしょぼん。
だから休日って嫌い。
あ、今回、萌えキャラ担当はぱに氏です。
2時間過ぎてからはまた場所を変えてカラオケ。
計5時間。

出たのが7時過ぎで、やっぱりお腹が空いていたので、
鳥料理のお店へ。
ご飯食べながら皆で盛り上がったのはこれ
http://shindanmaker.com/111489
1円とか1ユーロとか粟20粒とか安いな俺達!!(爆)

ほんとはもっと大勢呼びたかったんだけどなー。
次回何か開催する時は人数増える事を切に希望。
お疲れ様でした!
2011-04-26 : 日々雑記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

どたばたウィーク


水曜から明日までが滅茶苦茶であります。


水曜。
仕事後、柏へ直行。荷物の重さは多分10キロ越え。
何をしに行ったかと言えば、
姉様と、私の人生でお世話になってる店長トップ3の一角に会いに行きました。
勿論飲み屋。
「何か面白いお酒なぁい?」
「え、なんでばれたの!?」
美味しいリキュールが出てきました。(笑)
しかも瓶で(注:小瓶タイプです)

そこそこに飲んで、朝までカラオケ!
大騒ぎしてきた!
朝になっても疲れてない俺マンセー。

で、木曜の朝に松戸宅帰宅。
就寝。

木曜は起きてから、だらだらと片付け≒漫画読む。
地震の後片付け。
プロミウスの胴体千切れてるとかぇ……
夜は母と「硫黄島からの手紙」を見てたのですが、
その途中に3回くらい?大きめの揺れ。
戦闘シーン中に来たので、効果音と画面の揺れかと思ったw
てか、片付けに来た夜に揺れるとかふざけてんのかと。

金曜も部屋の片づけして、ちょっと早めに出発。
来る時に入っていた本&CDを減らしたはずなのに、
何故か重たいマイバッグ。
もう、肩の凝りで吐き気一歩手前とか……。

で、今日土曜は仕事。

明日日曜はぱに氏、はるかちゃん、蒼とカラオケ!
喉殺してくる!
2011-04-23 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

桜(追記あり)


年々、桜が好きなのか嫌いなのか判らなくなってきます。
好きなんだと思うけどなんか愛憎半ばするというか、
なんだこの思春期的もやもや感。
むしろ小学生かも知れませんが。


今見盛りなのは八重ですが、八重はあんまり好きじゃない。

通勤路(チャリ)で、御衣黄を見ました。
アレは好き。
アジサイ好きな感覚にちょっと近い。

桜の種類は数ありますが、
全体としては、ソメイヨシノより、白い桜の方が好き。
葉っぱと一緒に咲く奴。
楚々とした風情がマル。


桜は儚いものだというのが日本人的パブリックイメージだと思うのですが、
私割とそれに反対というか疑問です。
桜って、化物じみて強いと思うのです。

そもそも、日本人だけでも、
ここまで思い入れをつけているというのが、
なんかもう洗脳とかそういうものに近い気が。
まぁ、学校に植わってるとかもあるのだろうけど、
これほど国民が必ず熱狂する花がある国ってあるのだろうか?
花見=桜の図式がちょっと納得いかないわたくし。

勿論、桜にまつわる怪談的イメージもプラス。
桜が妖しく見えるのは、
ちらちら散る様が催眠効果みたいなものがあるんだろうなー、
と思っていますが、
だからってつまらないとは思いません。
化学反応も電気回路も、見る側の心もちで美しくなるように、
散る様に感覚を狂わされているだけだと感じたら負けです。

桜色の染料は樹皮から取るというのは、国語でやった人も結構いるかと。
それ以外に桜色に使う染料と言うと(ちょっと反転します。虫注意)
ものっそ小さい虫をすり潰して、その体液で色をつけるのも有名
その発想自体がある種グロ。

散り際も、儚い儚いとか言うけれど、
ばっと咲いてばっと散るのが逆にゴージャス感ありません?
本当に儚いのは、最後の一葉よろしく、
ゆっくり散っていくものかと思うのですけれど。
ちなみにというか寄り道話ですが、
「儚い」の語義って結構なんていうか……元々は結構ひどい語義ですよ……
類義語に「空しい」が挙がる類です。
「儚い」ってどちらかというと現代ではいいイメージの単語かと思うのですが、
悪い語義しか挙がってないとか。うわぁ。
寄り道終り。


桜に限らないけれども、
やはり、散らない花に魅力は薄いですよね。
いずれ散るから花が輝く。
その一瞬が濃厚だからこそ、桜はこれほど強烈なのでしょう。

続きを読む

2011-04-19 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

文字と言葉と


例えば、世界中にある言葉の数に限りがあったとして、
世界中の全員がその言葉を食い潰すだけであったとして、
仮にそんな世界であったとしたら、
恐らく私は四方八方から「言葉の無駄遣い」で叱られると思う。

とにかく、四六時中何かを考えている。
感じた事を言葉に変換している。
日記やら何やらに書きつける量、
走り書いた小説やら詩やら、こういう散文の量もある。
散文の「散」は発散の「散」だ。良く出来ている。

好きな単語は多分使い過ぎて、
自分では意識しないほどに擦り切れてしまっている。
読み込んだ言葉と使った言葉が混ざって判らなくなる事もしばしば。

他の人がどうなのか改めて聞いたことはないが、
私は自分が過去に書きつけたものを割とよく読み返す。
楽しかった日の話、思った事を記録した覚書、
面白かった一言、一瞬だけ思いついた物語。
全てを覚えてはおけないから、
思い出したくなった時の為にと散らした言葉を、
過去の自分の配慮、あるいはストレス発散の跡を。

思い出せる時もあれば、思い出せない時もあるし、
「これはギャグだろ」と自分で突っ込むことすらある。

何かを言葉にするのはとても難しい。
言葉を選びとって明確な単語の羅列にする作業は、
写真の現像に似ている。
ぼんやり浮かび上がったものを言葉として定着させて、
最後に紙やら会話やらに納める、その過程。

言葉を選びとる事は、
自分の中でも曖昧な物を固定させるのにとても有効で、
それだからこそ、覚えやすい。
逆説的だが、だからこそ香りや皮膚の感覚の記憶は大切だとも思う。

過去に見たものを思い出して
過去に言われた言葉を反芻して
今いる場所とその地点を見比べて
丸ごと飲み込む。

その背景がしっかりしていればこそ、
自分の書いた文章が好きでいられる。
基本的に私は自分の文章が割と好きだが(嫌いだったら書かない)、
どうしようもなく自分の文章が下手で気持ち悪い時は、
大概やる気無く書いている時だ。
惰性で運んだ筆は、碌な物を産まない。

自分の文章をカヴァーする予定が一つあるのだが、
自分で気に入ってしまっているため、
改稿が物凄く難しい。
全面書き直しではなく、ただ統一性の問題でしかないが、
自分の中で完成した世界と言うのは、
何というか、私から独立してしまっていて、
ちょっとでも手を入れたら、
また違うものになってしまう。

自分の中で完成した作品の持つ言葉の数は、
本来的に、今使っている言葉の数で±0になっているのだろう。
足しても引いても、多分、0になってくれないような気がしている。

2011-04-15 : 散思考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2011年04月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QRコード