引きこもり


大人げなくフェンス越えしたら爆死しましたかざみです。
いや、私にいつ大人げがあったかというと謎なんですけど。

本日は引きこもりDayでございます。

前半はひたすら住所録作成。
古いパソコンと新しいパソコンと外付けとはがきフォルダと携帯を、
これでもかというくらいに周りに散らばして。

あらゆる片付けがそうであるように、
古いものが面白くてつい眺めてしまいます。
はがきだから一瞬で済むのですけれどね。
最近の年賀状で目立つのは、
女の友人たちからの、電撃結婚を心配(?)する声(笑)
仕事と言い引っ越しと言い恋愛と言い、
突如何かをしでかすと思われている節が濃厚です。
面倒くさがりだからそんなことしないって言ってるのにw

私を含め私の友人たちは地元大好きっこなので、
予測変換に「東京都練馬区」まで出てくるようになったとかなんとか。

でもって、その作業をやりながら旧PCのデータ整理とか、
宛名編集ソフトのサルベージとか。
PCに疎いので大仕事です。
なんでそんなことをしてるかというと、
父に押し付け譲るからです。
ワードとエクセルだけできるPCであればいいとのことなので。
日頃本を回してもらっている見返りでございます。

作業BGMは昨日借りてきたSarfaceのライブ盤。
どうしても聞きたい一曲のために借りてきましたが、
やっぱりいいっすなぁ……♪
あのころのオフ会に来てたみんな、元気かな。



合間に軽食と暖を取りに外に出、病院で時間を食われたのち、
旧PC整理の後半戦に入ると同時に、
会社で受ける通信教育を一気に片付けにかかろうと思ったのですけれど。
(毎年こういうやっつけで片付けてます)

今年私が受けているのは色彩検定対策講座なので、
物理(光)と人体(眼球)の用語オンパレード、
めんどくさいーーーーーー!!!
三回あるテストのうち、第一回で一時間かかってしまいました。

第二回が終わったら食事に出よう……
お茶も入ったし一服したし、またテキストとの戦いに戻ります……
スポンサーサイト
2013-11-30 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

飲んだり食べたり一喜一憂


なんかいろいろありました。

飲んで変な釣りをしてしまって大後悔したかと思えば、
翌日は鴨と味噌とジビエと日本酒といいバーで癒されたり、
久し振りにお酉様に行って屋台三昧しようとするも、
薄着と眠気にやられ気味で悔しい思いをしたり。
けど、久しぶりのあのお祭り感は楽しかったなぁ。

特に味噌とジビエのお店は超俺得!!
鴨はお昼で別の店だったのですが、
よもや一日で鴨と猪と鹿を食べるとは思いませんでした。
味噌もばすばす舐めまくりました。
また行こう。


このところまぁ精神的な上下が激しく、
けどまあ何とかやっておりますですよ。
楽しいことがきちんとあるうちは大丈夫大丈夫。
2013-11-28 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

夢の街・再録


行きたい店がある。
その店は駅と繋がった地下通路の食堂街、そのどん詰まりにあって、豚肉料理が売りだ。多分何年か前に一度だけ行っていて、とても美味しかったのだが、どうも私の行くタイミングが悪く、やっていない。

地下通路は全体にうす暗くて、昭和どころか戦後のかおりがする。
しかも変に入り組んでいる。
そんな中の愛想のとにかくない喫茶店で、OLっぽい二人組がパンケーキなんぞを食べていたり、逆にやたらなつっこいお姉さんのいるドイツ料理屋さんにつかまりかけたりする。

これまたすすけた、古い商店街にあるような化粧品屋さんを横目に眺めて曲がるとその店。
喪黒福造の出てきそうな入口。残念、今日も休みか。
しかたなく地下から地上に出る。
すぐ近くにホテル街があって、そこを抜けると地下よりも楽に駅に着けるので大体そこを行く。
そして、大体一組か二組の、ホテルから出たてのカップルに妙な目でちら見される。無視する。


さて、この地下通路について、話したいことはもっとあるし、話せることはさらに多くある。
だが要点は一つで、これが、私の夢に割とよく出てくる場所で、恐らくだれも狙ってそこに行くことはない、という点である。
なお、以前、その店の料理は食べたことがある。
勿論夢の中でなので、「本当に」とつけていいものか悩むが、しかし美味しかったのだ。

この地下通路以外にも、私の夢の中には、「レギュラープレイス」みたいな場所がいくつかある。
渋谷から路面電車で数駅の場所にあるエレベーターのついたマンション(1Fと2Fがカフェ、私の部屋は4F)だとか。
カフェの二軒裏にあるプチホテルとか。(このカフェに関しては、私も他の人も行くことができる。あるので。)


小さいころの、事実かどうか確証のない記憶、そういうものは一つや二つあると思う。
誰に聞いても否定されるけれど、自分は確実に存在したと思ってること。
そのこと、ないし場所、は、さて実在すると言えるのかどうか?
その記憶が一人ではなく、複数人で体験したものだったら?
過去の記録が消えたら、実在はどう変容するのか?


しかしそれにしても、私はいつになったらあの店の豚肉料理が食べられるのだろうか。
美味しいんだよなぁ。
2013-11-23 : 散思考 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

県境の一日


発端は、先日松戸に帰った際のこと。
「中年女性の栄養失調」がテーマでした。
中年女性が減量と健康を意図して野菜や魚の惣菜ばっかり食べて、
栄養失調でひっくり返るケースが増えているそうです。
「つまり肉も食べなきゃダメってことだわね」
「では次回は肉だ」

てなわけで、本日の母娘、
上野待ち合わせからスタートです。
目的地は川崎の焼き肉屋さん。
情報提供by隊長、ありがとー!

場所はチッタのすぐ横、
カルビランチ×2、上ロース、ハラミ、千枚刺し、タン塩、サラダ、ビール。
色々頼んだけど、ランチについてきたカルビが一番おいしかった気がするw
ランチのごはんがえらい大盛りで、母は半ライスに変えてもらったのですが、
結局私ががつがつと食べ、母の腹には八半ライスくらいしか入っていないはずです(笑)

せっかく来たのだからとチッタの中をぐるり。
中にある化石&鉱物ショップがすごい!
バラ売りビーズも鉱物もアクセパーツも尋常じゃない安さ!
その場でブレスレットなど作ってくれるお店で、
私は石を中に収納できるパーツと石を買い、250円くらい。
母はブレスレットやらその場で作ってもらったイヤリングやら買い、
パーツ代石代込々で2000円くらい。
作ってくれたお姉さんが、
「私の手間賃どこに行っちゃうのって感じですよ」とか言ってたw
お好きな方は是非。
久し振りにアクセ作りたい欲が湧いてきたぜ!

そこから駅前の商店街で私が発見した喫茶店へ。
昭和のかほりに誘われました。
母カスタードプリン(自家製)、私アイリッシュコーヒー。
あるとつい頼んでしまう。

しばらくまったりした後、一駅お隣、東京に舞い戻って蒲田へ。
お目当ては黒湯温泉です!
以前に行ったところは大浴場が狭かったので、
今回はあの一円で多分一番有名な「蒲田温泉」へ。

全体に昭和臭漂う素敵な銭湯(と温泉の中間な感じ)、
入浴料だけなら450円、タオルやらシャンプーやらを借りても700円!
お湯は文字通りの黒くてどろっどろのお湯、
保温効果が物凄くて、
芯からあったまる具合は新潟の松之山温泉クラス。
というか、あったまりすぎてぶっ倒れるかと思いました(笑)

蒲田温泉には2Fに大広間があり、
無料だというので行って二人でまったりしようということに。
おおお、これぞ昭和の温泉旅館。
ひな壇にはカラオケセット、照明もついております。
冷たい牛乳を飲みながら二人でぐでっとしていたら、
先客のおばさまに、何やらをいただきました。

  カ ラ オ ケ チ ケ ッ ト

おおおおおおおおおい
これ有料チケットだぞ
一曲100円とか書いてありますけど
おばさまおばさま、
なにゆえ4枚も差し出されますかーーーーーーーー!!!

…………以上内心。
いやぁびっくりした。
あげく曲名をぐいぐいと聞いてくるんですが、
いやいやここにいる人大体80代やがな何ていうアウェイ感。
しかしおばさまぐいぐい押してきます。
母が先陣を切ってくれたので、しょうがないのでシャンソンに逃げました。
いやまぁ誰も聞いてはいないんですけどね。
昭和の温泉風なステージで迂闊なもの歌ったら自分が気持ち悪いので。
さて、その後もぐいぐい来られ、他の方もぽちぽちと歌い、
母娘で2曲ずつ歌ったしと思ったら、

  カ ラ オ ケ チ ケ ッ ト 追 加 (4枚)

内心以下同文。
ただ、ちょっとこの時に髪が濡れていたのもあり、やや寒かったのですね。
それぞれ一曲入れた後、他のご家族も入ってきたので、ここらが引き際と判断。
母が横のご家族に2枚スライドさせようとしたら、
おばさまちょっとご立腹だったそうで(私が歌ってたので見てない)。
「私はあなたたちだからあげたんであって、誰にでもあげるんじゃないのよ!」
とか言ってたらしいです。
…………私たち、何でそんな気に入られたんだ?

取り敢えず退散して、お風呂二度目。
とはいえ芯は熱いくらいでしたので、ほぼ烏の行水。
ドライヤーの椅子(パーマかける椅子みたいなやつ)、
コイン式20円也。
200円じゃないのよ、20円。
嗚呼昭和。

そこから駅の方へ戻り、
いまだに腹いっぱいな母を引き連れて二度目の肉寿司へ。
素晴らしく美味しいという訳ではないのですが、
何せよそでは食べらんない類のメニューですので、再訪です。
母には茸のマリネとサングリアをあてがい、
私は赤ワインと肉寿司。
これだけ見るとなんかひどい人のようだ(苦笑)
とはいえ酒を飲んでれば腹が減る人種な母、
最後に一貫だけ食べました。
よしよし。

来た道を同じように帰り、解散も上野で。
次回の母との食事は、
来月に松戸の地元焼き鳥屋の予定となっております。

そうそう、来月はなんと、
就職して以来初めてのクリスマス休暇となりそうです。
お楽しみに!
2013-11-19 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

来し方行く末


昨日このタイトルで記事を書くつもりだったのですが体力がなく、
今日帰ってきたら書こうと思ったら、
今日から読み始めた本の冒頭にこの表現が使われていてちょっと舌打ちしました(笑)


さて、先日は触れたとおりに伯母と父の誕生祝がありましたが、
その直後には友人たちの誕生日があり、
さらにその直後には同級生の命日があります。

誕生祝の途中に私が年齢を重ねている事実を忘れ去られていたかと思えば、
もう歳を取らない人のことを考えたりした訳です。

色々と考えます。

色々と考えますが根が単純なので、
「まぁその瞬間にならないとわからないし」
この一言に帰ってきます。

貴方が今生きていること、
彼らが以前に生きていたこと、

それらの全てが大きな事件なように思う感じ。
嬉しいことばかりではないけれど、
悪くはないと思います。

人の一生に幸多からんことを。
2013-11-18 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2013年11月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QRコード