酒飲みの品格、映画人のセンス


よく考えたら、今月、6連勤で始まり6連勤で終わるのね……。
今日は今週唯一のゆっくりできる夜です。

で、何をしてたかというと、
月曜:仕事

火曜:仕事後父と飲み@渋谷。
グラスワインが40種類あるくせにワインリストが無いという、
いい自信家っぷりなお店でした。
コストパフォーマンスもgood!
好みを伝えるとお店の人がチョイスしてくれるのですが、
お互いに飲み比べしながら父が言うには、
「しっかし、注文の仕方がそんなに違う訳じゃないのに、
 どうしてお前のばっかりそんなに当たりが出てくるかなー」
娘が返したのには、
「いやそれは酒飲みの格が違うってのが伝わってるんじゃない?」
流石に傷ついたようですが、
私が自己アピール苦手であるから普段言わないだけって、
気付いてないんだろうか……。
その後センター街へ移り、
目当てのお店は無くなってましたがその跡地がいい店だったのでそこで飲み、
帰宅。

水曜:仕事後、有楽町で映画。
もう眠くて眠くて死にそうでしたが、
とにかく行きました。
父のオールタイムベスト2位、私のオールタイムベスト(現在)、母も多分そのくらい、
遺伝子レベルで好きな映画ですもの。
1時間ほど時間があって、
有楽町駅のアグレッシブな自販機の話で盛り上がったり、
三省堂で恍惚としながら図書館に予約入れたり。
映画はやっぱりすごくて、
眠さだけではない酩酊感覚と共に帰宅しました。

今日はとにかく寝て、
明日は千葉宅へ帰り、
明後日はまた店舗へ応援に行ってきます。

あーあーあー
腰が落ち着かないことこの上無いー。
来月の平日休み、ねっちり引きこもるかなぁ。
徹夜でホラーゲームやりたい衝動がなんかある。
スポンサーサイト
2014-10-30 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

人参目指して走る馬


そういえば私、
眠れないことにまつわる話を書くつもりがあったんだった、
とはたと思い出し、
それ用のフォルダを作ったらものの見事にロクに眠れませんでした。
自己暗示!?
自己暗示なの!?
一日、内心ミサワ状態だったよ!?

ともあれそんな朝、
もともといつもよりだいぶ早く起きる予定でした。

仕事行く前にコンビニで漫画を買うためだけに。(爆)

特別に好きなものに対してだけ適応される執念と瞬発力で、
朝ごはんをしっかりと食べ、見事目的を果たし、
あまつさえ時間を余らせて、
電車に乗る前にがっつり読む始末。

今までにも、
発売日当日に自宅界隈の何処にも売ってなくて池袋まで自転車漕いで行ったとか、
旅行出発の日が発売日だったから前の晩(というかちょうど0時過ぎくらい)にコンビニ行ったとか、
特定の条件が揃うと本当に阿呆っぷりが露見します。

好きなものに対する阿呆っぷりってのは、
ある種の才能だと思うので、
自分では結構気に入ってます。

こういうことをやっているから、
古本探すときも一騒動なんですけどね。

簡単に括っても5冊ほど、
苦労しそうな古本探しが私の将来に落っこちています……。
見つかるといいなぁ……。
2014-10-27 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

固有スキル、またはステータス異常


二日連続で、
池袋西口公園の古本市に行ってきました。
昨日の仕事帰りに行ったけど、
時間がまるで足りなかったので仕切り直し。

諸々雑事を済ませて今日は17時半くらいに行って、
端の方から見ていたら。
突如二人連れのおばさまに声を掛けられて、
クーポン券をもらいました。

池袋の古本市は今回が20回記念とあって、
2000円の買い上げごとに抽選をやっていたのですね。
で、その抽選のクーポン券を。
通りすがりの私に。

「何故!?」
と内心で大騒ぎしながらも大喜びでいただきました。

とにかく、
「見知らぬ人に何か(得をするもの)を貰う」
率がやたらに高いです。

一日乗車券を
「僕もう帰るだけなんでどうぞ」
って貰ったりしたこともあるくらい。

何だろうこれ。

とか思いながら、
おばさまたちの行為を無に帰さず、
しかも私の財布を傷めない、
そして私が欲しい本を探して、
一冊を買って帰るに至りました。
実費100円也。

今度松戸宅に帰ったら、
書庫を漁って全集本のあるもの/ないものリスト作ってこよう。
2014-10-25 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

イデアと揚げ足のプロファイリングもどき


一人の作家の本を複数読んだり、
同じ本を数回読んだりすると、

「あ、これか」

と妙に納得する瞬間がある。
作品ではなくて作者の核がこれなんじゃないかという、
私なりのエウレーカ。

今の世の中、
7割5分くらいの人が訊かれたらノンポリだと答えそうだけれど、
多分そういう感じに、
一人一人に自覚すらないイデオロギーは存在しているのだろうと何となく思う。
ノンポリとかいう単語使ってる段階で時代遅れなのは承知。

「神は細部に宿る」と言うけれど、
逆にだからこそ、
普通は細部に神は宿らず、
発話者の中身が匂うもんだろう。
法案が一文字違いで通るような世の中だ、
ましてや一般人においてをや。

とまぁ、最近は、
政治思想に限らず、
色んなことでこういうことを考えている。


盛大に独り言なので、
あんまり深く捉えないでいただきたい。
2014-10-22 : 散思考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ショウ・マスト・ゴー・オン!


無事に定時上がりを果たし、
華氏451見てきました!!!

ヌーヴェルヴァーグ大好き一家なので勿論トリュフォー大好き。
(私はどちらかといえばゴダールなんだけど)
トリュフォーは何たって何もかもが可愛いんだよー、
フランス製香水の箱やお菓子の箱の色合いに似て、
ナボコフ言うところのニンフェットの年頃のどちらかといえば男の子の複雑さや悲しみがあって、
ぱっと見かわいらしいトリュフだけど中身が癖のあるリキュールのチョコレートボンボンみたいな
いやはやいやはや。
長くなるからやめよう。

あと最低一回、出来れば二回は行く予定です。
「行きたいと思った時にはすでに予定は決まっているッ!!!」

華氏451はご存じの方も多いと思いますが、原作ありのSFで、
本が禁止された世界の話です。

本が好きだったであろう原作者の書いた
本が禁止された世界の話を
多分本が好きだったであろう監督が映像化して
映像化が割と嫌いで原作至上主義者の私が
映像を目当てに見に行って(原作も好きだが)
本を焼き払うのが仕事の主人公に対して
初めて本を読み始めた瞬間に
「あーああ読んじゃったーいけないんだーw」的に思ったりして

裏の裏の裏の裏の裏は、みたいな気分になりました。

以下少しネタバレ含むので反転。

しかし図書館を燃やすシーン、
あれは本当に、美しくて力強い殉教だなぁと軽く身震い。

あと、旦那に「本か俺か選べ」って言われたら多分私即答で本選ぶ。

最初の入り方の演出すげえなぁとか思ってたんだけど、
伏線になってるとは思わなくって膝を叩く気持ちに。

ネタバレ終了。

女性キャスト達のコートがものすごい可愛かったー!!
あと、消防隊(←焚書係の名前)のエンブレムもいい味!!

ショウ・マスト・ゴー・オンはけしていわゆるショウだけでなくて、
読書そのものが脳内劇場かもしれないとか、
そんなことを思いました。

帰りの電車を見回したら、
スマホや漫画の人もいたけれど、
本を読んでる人もたくさんいて、なんだかほっとしました。


おまけ。
映画館で蚊の羽音に悩まされたのは初めてです。
2014-10-14 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2014年10月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QRコード