現代のクラシック


音楽の世界にも、芥川賞、というものがあります。
今日はそれの選考演奏会へ、サントリーホールへ行っておりました。

サントリーホールは随分お久しぶりですが、
いいなぁやっぱりいいなぁ。
小学生の頃とか散々行ったのでなんか落ち着きます。


一昨年の受賞者の新曲を聴いた後に休憩、
それから本選の3人の曲を聴くという形だったのですが、
流石現代音楽なクラシックは面白い面白い!!

休憩直後に何の区切りもなく演奏が始まり、
しかもそれがジョン・ケージリスペクトのおかげで、
実はずっと演奏の一環っていう……
曲の途中にチューニングしたりするんですよw
その後の2曲もそれぞれに独創的で、
違う個性の選考でした。

指揮者のスコアはタブロイドサイズでめくる度にばさりと鳴るし、
コントラバスは踊るし、
手巻きの発電機にしか見えない楽器があるし、
演奏者が突然グラスの縁を撫でて音を出したかと思えば乾杯するし、
弦を千切るかと思うようなピチカート、
弓で楽器を叩く音、
指揮者は木魚も叩きました。
ちなみに演奏は新日本フィルです。

現代系のクラシックは何がいいって、
私の好きな楽器たちが元気なことですが、
最近その流れは東京音楽コンクールにも来ているそうで、
今年の管楽なんて、フルートとクラリネットが全滅、
ファゴット3本とオーボエ1本で本選争いだったそうです、
行きたかったーーー!!!
そういや、一昨年だったかの弦もヴィオラが優勝で、
優勝者お披露目コンサートをうきうきで見に行きました。

閑話休題。

3曲の個性があまりに違い過ぎ、
古川日出男と佐藤亜紀と平野啓一郎を比べるような無理難題(←私の勝手な連想です)で、
選考委員の一人が
「予選57曲からこの3曲を選んだんですが、自分たちでハードルを上げてしまいました」
という程の違いっぷり、
選考委員は3人、曲も3曲、
演奏会後の講評を経て選ばれるのですが、
選考委員の意見が完全に割れまして、
司会の方曰く
「25年の選考の歴史の中で今回が初」とのこと。
選考委員も司会も観客も、
「どうすんだよこれ……」
と途方に暮れましたw

まぁ結局丸く収まり、
私個人の評価と先生方の評価が概ね同じだったので、
個人的に大満足です。

ちょうど読んでいるものも今年の太宰賞候補たち、
「新人賞の考え方」
みたいなものにどっぷりと浸かった一日でありました。
スポンサーサイト
2015-08-30 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

速けりゃいいってもんじゃない


「生きることはリズムだ」
「歩くことも」
「走ることも」
「呼吸することも」
「心臓も」
「愛することも」


こういう類のことを言っている大好きなものに、
15歳かそこらのときに出会っている。


さて、それはさておいて、
最近の歌手が古い曲をカバーしているのを聞く度、
高確率で

「そうじゃねえよ!!!」

と思う。
というもののうちほとんどが、
速度である。

この辺は共感覚の話にちょっと寄ってくるのだが、
あんまりキーまで変えてくるものは無い(ような気がする)。

私がそう思うのは大概が速度の話だけである。
いや、キーが違っても違和感は勿論あるのだけど、
速度の違和感とはまた意味が違う。
キーの話は話題が大分逸れるから割愛する。
速度の話だけでいっぱいいっぱいである。


例えば、少し想像してもらえば分かるのだと思うのだけど、
うなだれて家まで帰る日の速度、
例えば歩速と心拍数、と、
物凄い凹んでマイナス気分の日に変える速度、
同上、
とは、
明らかに違うと思う。

勿論逆も然りと思う。

し、別に縮めり伸ばしたりしたところで、
一つのうたのメロディや和音の美しさに違いは無いとも思う。


が、やっぱり一周して、
例えば落ち込んでる日とやる気満々な日の呼吸が違うように、
一つのうた(メロディと詩の両方を込みで)に対して、
速度として適正な速度は違うと思う。

「あ、この曲は速度を変えるとこういう解釈に聞こえるな」、
というのもあるし、
「この曲を速度を変えると台無しだな」、
というのもある。

色々あるけど、
全般的に、
世の中は速度に対して余りに鈍感だな、
と思うことが多い。

自分の呼吸、脈拍、
そういうものに、無自覚な人が多いのだろうか。
色んな意味で、何か、不安定なものを感じる。
2015-08-26 : 散思考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

少年探偵団の団長


最近小ネタが多いですね。
暇なんです、ハイ。


過日、ナンジャタウンに一人で行ってまいりました。
あそこは本当に、
慣れれば慣れるほど疑心暗鬼に駆られるという特殊なテーマパークなのですが(笑)、
そこの新アトラクションが、
マークをひたすら探すところから始まるアトラクションです。

機械ぶら下げ、
仕事帰りだったのでそこそこ大荷物でうろうろしていたら。

「俺知ってるよ、あっちにあった」
と言って一人の男の子に話しかけられ、
随分遠くへレアものの案内をしてもらいました。
で、やいのやいの言いながら操作してたら。

「あ、俺も知ってる、こっちこっちー」
「俺簡単に捕まえられるよ!」
などなど、
気付いたら子供たちに取り囲まれておりました。
しかも、どうやら全然関係ない子たち……(笑)

よく、旧い推理小説なんかで出てくる、
子供たちにお駄賃とか用意してチーム組ませて捜査する展開、
それを地で行ってしまいました。
自分から話しかけた訳でもないのに、
まぁ情報集まるわ集まるわw

笛吹き属性(ハーメルン的な意味で)なのは自覚ありますが、
本当に、
その気になったら人攫いになれるんじゃないかなコレ……。

結局彼らは親御さんに叱られ気味に呼ばれて別れたのですが、
みんながバイバイしてくれたのが嬉しかったです。


まぁ子供たちと私は格別にしても、
ナンジャは行くとコミュ力勝手に上がると信じてますw
以前ほどではないにしろ、
情報量が鍵、それがナンジャタウン。

何が怖いって、仕事帰りに寄れるところですが。
2015-08-22 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ミドルネーム


大学の頃の話。
学校の制度としてホームステイがあったのですが、
クラス(行先)分けは学科別+学籍番号の前半・後半でした。

その過程で、一つの問題が発生。
同姓同名がおりまして、一人の名前は漢字、一人の名前は平仮名だったのですが、
アルファベットでは当然区別がつかないわけです。
で。
結局ミドルネームをつける事になったのですが、
1人では不公平というか、
どうせなら便乗しようというか、
その時によく行動してた皆でミドルネームを付けあいました。
面白かったなぁあれ。

なんで突然こんなことを書いているかというと、
今日のラジオの特集が
「自分に英語の名前をつけるとしたら?」
だったからです(笑)


ちなみに私のミドルネームは、
確か皆の意見が割れちゃって決定しなかったような……。
これを読んでる皆様的には何が似合うんでしょう?

ハンドルも別に「名前」ではなく、
ダブルミーニングに好きな単語で決めちゃったしなー。
うーむ。

そういえば私の知人には、
ミッチェルとエレンとアンソニーとエミリーとケットシーがいました。
最後のは違うか。
エレンとエミリーは本名由来だったしなー。

なんかまだいた気がして今電話帳を見てみたら、
取り敢えずナトリウムとラディンとコヨーテとシュガーを発見した挙句、

そもそもカインがいたじゃねーかと思い出しました。


流石のオチ要員、ありがとうございます(ふかぶか)。
2015-08-20 : 日々雑記 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

いつもの味


プロの料理人は何たって、
当たり前だけども味が安定するのが凄いよなぁと思います。

思いつきで料理やら何やらをするので、
「得意料理は?」と聞かれると困る質ですので。

いいんですー、思いつきで作ったジンジャーエールは今年も美味しいですー!


とか思ったのだけど、
何においても手癖があるのは確かで、
煮物を作ってもアイスティーを作ってもチーズケーキを作っても、
勿論ブレはありますが、
最終的に私の味になります。

おかしいなぁ、
計量とかしないのになぁ……。
2015-08-19 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2015年08月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QRコード