某居酒屋にて。


昨晩、友人とご飯兼飲みに行っておりましたー。
個人経営の小っちゃいお店、
日本酒は実質二種類、
しかし刺身の種類は多いし小料理も美味しいし、
な秋田料理とかのお店でした。

で、
「秋刀魚のお刺身とサーモン刺身とザンギお願いしますー」
「すいません、今日秋刀魚終わっちゃって……」
「じゃあ鮪で」

「サーモンも最後になっちゃったから、
 足りない分、鯛付け足しときました」
「悪ぃねぇ、無いもんばっかでなぁ」
「やぁ、商売繁盛で何よりです」
どうも平日の割に忙しかったらしく、
無いものが多いなりに構ってくれるおかみさんと大将。

日本酒をかふかふ飲んでたら、
「お好きなんですねぇ」
とおかみさんに突っ込まれたり。
「ザンギも切らしちゃってるんだけど、
 モモじゃなくてムネ肉のヘルシーザンギなら出来るぞ、
 量は1.5倍!
 脂も少ないから太るのも気になんねーぞ!」
「もともと気にしてないしムネ肉好物です、是非!」
と厨房から出て来た大将と、
ムネ肉&モモ肉談義で盛り上がったり。

この辺りから、
いつもの「飲食業の人に気に入られる」発動気味。

〆には、友人がおすすめするお蕎麦、
と言いたいところでしたが、
秋田名物稲庭うどんもあってですね……
甲乙つけ難すぎて、
各1頼んで友人とシェア。

でも蕎麦湯は三分の二くらい強奪。(爆)

蕎麦湯が旨いよう旨いよう、
「あのー、蕎麦湯のお代わりとかって……」
「なんだよ、初めに言ってくれりゃあとっといたのに!
 もう使っちまったよ!」
とジョッキを掲げる大将。
……ななな、焼酎を蕎麦湯で割ってやがる……!!
「ああああ、残念……
 次回来た時にはそうします……」
って言いながら、蕎麦湯を啜りながら日本酒を呷っていたら。

「爺さんの口付いちまってるけど良かったら飲めや」
「マジっすか!?」
……飲みかけの焼酎蕎麦湯割、大将がくれました。(爆)
「濃い目だから気を付けて飲めよ……って飲むなぁ、嬢ちゃん……
 しかもそれだけ飲んで素面かー……」
えーとこの時点で日本酒四合かな?
やぁしかし大将、大盤振る舞いだったなぁ。(笑)
友人曰く気分屋な大将だそうですが、
カウンターに座ってたらもっと構われてたろうなぁ(笑)

食べ物も美味しかったしお刺身もいい味、
大将とおかみさんも大層感じが良くて超いい店でしたが、
行き辛いのが最大の難点だなぁ。

次回いつ行けるか分かりませんが、
これですぐ思い出されたら何とも言えない顔で笑ってしまいそうです。
スポンサーサイト
2017-09-27 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ケのケはむしろハレ


昨日は、世にも珍しく、
土曜日の休日、かつ、
何の予定もありませんでした。

平日ならいざ知らず、
土曜日でこれはなかなかレアです。

精神的に疲れてる時というのは
・友人と遊んで気力を充填する
・誰とも会話せずに一人で休む
のどちらかが有効ですが、
お疲れの昨日は後者に有効活用しました。

さて、取り敢えず予定の無い休みと言えば、
ということで整骨だ!!
と思ったら祭日でお休みだ!!(爆)

土曜が祭日のとんだ落とし穴でしたが、
お陰で時間が空いたのも事実。
(往復時間と施術で大体一時間半掛かる、混んでたらもっと)

さてそれでは天気もいいことですし、
洗濯と洗濯と買い出しと買い出し、
調理と調理とあとゲーム!

当たり前ですけど一人暮らしだと家事は自分でやるしかないわけですが、
私の場合、
そもそもほとんど自宅にいないのでゆっくり家事をやること自体難しいっていう……(笑)

個人的に洗濯と調理は二大精神浄化家事です。
鍋磨きも入れたいけど、あれは家事に入るのか?

取り敢えず買い出してきた材料を練って練って生地完成、
カップケーキ型に生地を流し込んでは焼き、
待ち時間にゲームして、
焼き上がったら粗熱を冷ましつつ洗濯物の様子を見て、
調理道具類を洗ったり片付けたりもして、
粗熱が取れて型が空いたらまたケーキ焼いて、
それを齧りつつまたゲームやって、
そうしているうちにまた焼き上がって、
と無限ループしてました。

ゲームやりすぎて疲れたらまた買い出し。
晩御飯を作りながら風呂場掃除して、
晩御飯を食べながらまたゲーム。

二週目プレイだから切りのいいところが分かってたので、
返ってやりこみすぎた……
頭痛い……(爆)


こういう時間の使い方って半年に一回もあるか怪しいレベルなので、
他の事を一切考えないという超フリーダムな感じで楽しかったです。
傍から見たらほぼ引きこもりですけど。

来月の予定がシフトも決まってないのにじりじり埋まってるのですが、
私は一体いつ衣替えをするつもりなんでしょう。
汗。

2017-09-24 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

言霊逆効果


ほぼ愚痴に近いので本文は畳みます。

要約すると、
何でも言葉になればいいってもんじゃないよね、
の一言で終わる話です。

何でわざわざそれだけの記事を上げるかって言ったら、
そうでもしないと自分の中で醸造されちゃうからです。
お騒がせいたします、ぺこり。

続きを読む

2017-09-23 : 散思考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

幽霊以下


昔からの友人は多分大体知ってる話ですが、
センサーに反応されません。


小さいとき(年齢でも身長でも)ならまぁ、
「せ、背が低いし(震え)」「体重軽いし(震え)」
と自分を納得させることも出来ました。
(何せ学年一背が低かったもので)

高校くらいでも自動ドアが開いてくれないことがしょっちゅうでしたが、
「こ、ここの店の自動ドア古いんだよ(震え)」
「た、体温が低いからセンサーが反応しないんだよ(震え)」
と無理やり納得させてました。

お店に入れないとかお店から出られないとか、
本当しょっちゅうでして。(大泣き)
後ろから人が近付いてくるまで身動きとれないんだよもう!!


ところで、中学の頃に、
あまりに私の気配が無いから、と、
友人たち数人と
「背後の気配当て実験」
をやったことがあります。
「存在感あるのに気配無い」って、
友人ながら至言。

実験では一人が壁を向いて立ち、
目をつぶり、
一人が進行役、数人が背後に立つ役。
「はい、今変わったよー」
と進行役が言って後ろに立つ人間を当てるというものでしたが、
一回すごかったのが、
進行役が何か言う前に、
「あ、今かざちゃん立ってるでしょ!!
 気配消えた!!」
って言われました。
ど当たりだよこん畜生!!

他の人だと、
「誰かは分からないけど人がいるのはわかる」
らしいのですが、私の場合
「人がいるのかいないのかまるで判断つかない」
だそうです。
5人くらいの共通見解。怖えよ。(爆)


さて、現在の職場は、
元火葬場だそうで、実は心霊スポットだとか。
誰もいないお手洗いの、
センサー式の水道から水が出てたとか部下が言ってました。
他にも色々こまかい幽霊話があるみたいです。

では、そこに働く私はと言いますと。
水場のセンサー、頑張って手を振ってようやく動く。
手をかざす式のセンサーでも、間近で3秒は必要。
ごみ集積場の明かりが点かないとか、もう驚かない、傷付かない。
極めつけが両替機、
「横を通るだけでがしょんがしょんうるさい」
と皆が言う機械なのですが、
私に対しては10秒以上佇んでも反応しやがりません。
2台並んでるからって隣に移動しても反応しなくて、
軽い反復横跳びを試みたことすらあります。
手動ボタンがあることを知ってストレスは解消されましたが、
結局反応されてないことには変わりありません。

えーーーーーー。
幽霊よりセンサーに反応されないってなんなんだようーーーーー。



という話を、
前述の実験にも居合わせた友人に話したら、
「もう、存在自体に光学迷彩かかってるんじゃないかな……」
って言われました。

あれか、
どこの店でも何故か常連と勘違いされるのもその一環か。

なんでだ。
2017-09-17 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

寝不足の理由


どうもここの所眠たいです。
とりわけ今日。

さて、理由は一体何なんでしょうか。


暑さ寒さの差でしょうか。

ここの所やたらとご飯食べに行き(ながら酒も飲み)、
昼から飲み倒したりもし、
ひどい時には間一日すら置いてないことでしょうか。

もしくは昨夜は夕方から飲み始め、
飲み足りないところにコーヒーを5杯ほど流し込み、
飲んだ後の鉄板としてジャンクフードが恋しくなり、
日付が変わる直前によりにもよって超大盛ぺヤング食べたことでしょうか。

それともその後、
調子に乗ってゲーム始めちゃったところでしょうか。

あるいは風呂上がりの調べものが楽しくて、
いつの間にかウィキペディアサーフィン化してたことでしょうか。

ひょっとするとその後、
余りに寝付けなくて眠剤追加したら逆に目が冴えちゃって、
延々と書きたいもののネタが思いついてしまって、
脳内の速度が一気に上がっちゃったことでしょうか。


はたして昨夜は何時間寝たんだろう……
眠い……orz
2017-09-14 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年09月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QRコード