FC2ブログ

プレゼント魔の手紙


プレゼント魔は手紙魔でもある。


と、多分分からない人にはまるで分からない飛躍を経て、
取り合えず手紙魔ではあります。

ありますが、
このご時世、中々難しいものがあって、
結局特定の幾人かに絞られてしまうのが悲しいです。
(手紙読まれる前にメールしちゃったりとか悲劇でしかない)

で、その中の一人に宛てた手紙を、
喫茶店にわざわざ行って書いてました。
手紙は外で書くのが個人的に大正義。

書いてから思ったことには、
手紙って、凄い高度なコミュニケーションだなーという事です。
何なら知的作業と言い換えても可。

言いたいことを言いたいようにぶん投げつつ、
しかし変に誤解のないように、
なるべくその通りに受け取ってもらえるように、
しかも文字数は増えすぎないように、
というのを考えながら、

一方で、
読みやすい文字や漢字、とか、
誤字脱字に気を付けて、とか、

更に他方で、
インクがかすれないように、とか、
便箋とインクの色味、だとか、

とかく頭を使います。

でもなんか、
誠実さが求められる分好きです。

書き散らしや予測変換や推敲されていない文字列や、
そういう色んなものにうんざりした時に、
裸一貫で手紙を書くのは何ていうか精神的ダイエットに近いです。

削ぎつつ、本体は傷つけないようにしつつ、
自分にとっての適解を探していく作業。


そんなことを、
プレゼント魔にして活字中毒の私は思いながら手紙を書いています。

〆の言葉に、いつも悩みながら。
スポンサーサイト
2018-03-28 : 散思考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2018年09月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QRコード