FC2ブログ

表現のもんだい


無事に豚肉ステーキ食べて来ました。
んまかった。


ところでまるで何の関係もない話になりますが、
この時代、メディアミックスは避けがたいと思います。
ていうか言っちゃえばメディアミックスは今に始まった事じゃないです知ってる。

ただ個人的に思うのは、
メディアミックスの仕方、だと思います。

例えば、「原案」という形での、
パスティーシュやオマージュ。
あるいは献辞。
そこには、一次を尊敬する意図を感じます。

「原作」にそれを感じるか否かが紙一重なところが問題です。

そりゃあいい作品に出遭って(椎名林檎はこの辺り天才)、
それを形にしたくなるのは仕方ないでしょうが、
漫画にせよ小説にせよ紙ベースが資本の考え方の自分としては、

「それ(作品)をそう(表現の仕方)じゃなくするだけのものがあるのか?」

と問いたくなってしまうのです。

その小説を漫画化したくなる気持ち、
その漫画のノベライズを書きたくなる気持ち、
その小説や漫画を実写化したくなる気持ち、
アニメ化したくなる気持ち、
舞台化したくなる気持ち、
映画化したくなる気持ち、

気持ちだけならそりゃあ善意の素人第三者だって持ちますさ。

ただ、基本的に原作厨の私は思うのです。

その作品は、多分、一次の段階でどう表現されたかに相当の理由があるのです。
現実に、私の好きな漫画家と小説家がほぼ同時期に同じ題材で作品を書いたことがありましたが、
やっぱり別物だったし、やっぱりそれぞれの手法的特色がありました。
偶然ストーリーがそっくりだったって公式に言ってたのには笑いましたし。

世の中はストーリーありきになっている気がしますが、
私は「神は細部に宿る」派です。
どんなにストーリーが陳腐だろうが目を見張る一行や一コマや1カットがあればいいや、と思う派です。

だからこそ、メディアミックスに関してはほぼ無条件にアンチ派です。
表をなぞるだけのメディアミックスに、意味を感じられないので。
特に文章においては、一文を表現する方法なんぞあるのかとか思ってますし。

メディアミックスをするのであれば、
要素を再構築して+αのおまけが欲しいところ。
原作の全てを生かすなど土台が違う以上無理なのだと了解した上で、
原作の核だけぶっこ抜いて他は全構築するくらいの覚悟が欲しいところです。
もちろん、トータルの水準を保って。
それが出来てる作品は割に絶賛しますが、
なかなか出会えないのが現状。

私の好みは基本的に偏っていますし、
むしろ「出来るものなら俺が見たい」と思うものもあるくらいなのですが(アンチの癖に)、
老害は老害なりに筋があるのですよっというお話でした。

ええ、実現できるならやりたいものはありますとも……
○○○のアニメ化とか○○○の実写版とか、
○○○をキャスティングして舞台演出とか……
○○○を朗読ベースで無人映像化とか……(遠い目)

自分的に不本意なメディアミックスを聞く度、
不快な情報には触れないようにしつつ
「自分が構成するならこうする」を考えて悦に浸るという、
幸せなのか不幸なのか分からんものの受け止め方をしております。
期待値が下がる一方なんだもの仕方ない。
映像化の一番の敵は原作厨ですよ!!
続編を文庫版オリジナルで出した某出版社は許さなくていいかなって思ってる!!!(爆)
スポンサーサイト
2018-08-31 : 散思考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2018年09月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QRコード