不成立


どうしても会話がうまく噛み合わない人というのがいる。
頭の良し悪しでも知識量やその内容でもなく、
ただただ会話が全て悪循環になる相手。
こちらが良かれと思って使った言葉を、相手は悪い意味にしかとれない、というような。

まぁ、その場合も大概悲惨ではあるけれど、
更にもっとひどい場合、
私が根本的に合わない場合というのは、
自分の感性が世界の感性だとまでは思っていないのだろうが、
自分が想像できない感性が存在するとは考えていない類の人とのやりとりで、
そういう人と噛み合わない会話をしている間中、
相手は理解できない苛立ちやら感情的沸騰を抱えているのに対し、
私はえらい醒めたところから
「ああ、この人はこういう世界で生きてきたんだなぁ」
などと考えている。

「こういう世界」というのがどういうものかと問われると困るのだが、
模範的感情論の通る世界というか、
「こういう事をしたら可哀想だからやめましょう」というような理想論が主な、
そしてそれが普通な世界だ。
勿論それが悪いとは言わないし、
理想論が全員に広まって理想でなくなった世界は凄いとは思うが、
現実にそれはやっぱり理想だ。

こういう人たちは、
「これをやったら可哀想、だけどやっちゃう」
という理屈は理解はできても、
「これをやったら可哀想なの? なんで?」
という生き物を理解できない。

圧倒的に、とは言わないにしても、
私はそういう生き物に近い。
なので、
話せば解ると思っている人たちに懇々と諭されようが、
怒られようが、
「なんで?」
と思っている事がよくある。
「こういう事したらダメに決まってんじゃん」と言われて
「なんでダメなのさ?」と思うような感じで。

社会的に問題があるのは自分であることは理解しているし、
そこで
「なんで?」
と言おうものなら面倒くさいことこの上ない事態になるのは理解していて、
その程度に一般的なのが我ながら哀れなのだが、
さておき、
そういう幸せな世界でしか生きてきていない人というのが概して苦手である。


誤解が無いように言っておくと、好き嫌いとはまた別の話。
健全な感性で生きている人が嫌いなわけではない。
ただ、会話や感性が噛み合わなくて苦労するというだけ。
スポンサーサイト
2010-10-05 : 散思考 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

悲しいことに
わかってしまいます.その気持ち.
もっと言うと,倫理をすべて排して理屈だけで考えてしまい,「倫理なんてただの迷信じゃないか」とまで言ってしまう,感情論とは逆の極論の人も僕は「不成立」になります.

倫理だけでなく,理屈だけでなく,両方欲しいという欲張りな人としか,上手くやっていける気がしません.だってぼくも欲張りですから.
2010-10-06 01:38 : こ URL : 編集
>こさん
限りなく、
自分は「理性なんて(rya」の人間だったりします。

それはともかく、
『欲張り』って単語って可愛いですよね。
2010-10-07 20:19 : かざみ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年07月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QRコード