『かえるばしょをなくしたわたしはどこへいけばいい?』


好きなこととものとひとがたくさんあって
なんにもあきらめたくなくて

好きなこともものもひともたくさんあるけど
そのせいのつらいこともかなしいこともたくさんあってそれはたしかにつらくて

手放し方を知らないまんまにここまできてしまったからいまさらどうにもならなくて

だけどこのつらさこそがわたしだとも思う。


楽しいことはみんなでたくさん共有すればいい。
できるし。
でも、つらいことやかなしいことは最終的にわたし一人だけのものだ。
誰とも共有なんかしたくない。
できないし、させたくない。
この感情は、わたしだけのもの。
誰にもあげない。


明けないように長い夜もあしたは晴れだと信じて過ごす。
そとへ出れば星が見えると思って、目を閉じる。
目が覚めて、それでもそとが雨であるのなら、
雨の音を聞きながら、
あしたの、露に光ってうつくしい朝を想像して、またまどろむ。


そうしていつか、
うつくしい朝にであう。

スポンサーサイト
2010-12-23 : ひとりがたり : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年08月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード