深海魚


待ち合わせは昼の明けた頃
明るいのが苦手な僕らの時間
底すらなくなっていく空の下を
息を吐きながらただ歩く僕ら

気の狂った君が言う
「いつになったらこの世界をくれるの?」
気の狂った僕が言う
「世界中の人が爆弾で消えてなくなったらね」
気の狂った僕らは
けたたましい笑いを空に落とす

夜が薄らいで
白く閉じてしまうのが怖くて
僕らは目が見えないふりをするけれど
敏感な僕らの肌は
いつも闇が弱っていくのに気付いてしまう

「さよなら またね」を交わし合って
僕らは 安心な巣へ帰る
光のない静かな眠り
さよならまたね
昼の明ける頃
スポンサーサイト
2011-05-28 : 創作 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

素敵です。
かざみさん、歌は作らないのですか?
2011-05-29 00:22 : deepsnow URL : 編集
>deepsnowちゃん(表現が変・笑)
お褒め頂きありがとう。
歌は最近作ってないですね、そういえば。
頭の中で鳴ってる音が再現できなくてキレる事が多いから、
私の場合、曲作るのは結構手間暇掛かるのです。
2011-05-30 22:55 : かざみ URL : 編集
No title
本当最近というか今の夜は、明るいよね。
数年前はまだ暗いなって思えてた気がする。揺らぎも陰るコトもない人口の明かり、それは確かに便利なのだろうけど……月明かりのような優しさもない、夜に全てを晒してしまう灯りは、何だかとても理不尽な気がする。
闇の中でしか生きれないモノは、どうすれば良いの?

うん、相変わらず空っぽの脳みそでコメントしてるなw

地上に光が満ちるれば満ちるほど、あの星々は陰っていく。
2011-05-31 02:15 : はるか URL : 編集
>はるか
動物には夜が必要だ、と、思うのです。
それだけ。
2011-05-31 12:30 : かざみ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年07月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QRコード