読書の快楽


快感、ではなくて、
快楽、とか、悦楽、がピンとくる。

あれこれブログに書きたいネタが溜まってるんですが、
そんなの全部吹っ飛ばしてくれる勢いで途方もないもの読んじゃったので、
仕方ない、うん仕方ない!
どうせ駄文だ気にするな!


そんな訳で、ふよふよしてます。
嫌いなものは少ないですが本当に好きなものはもっと少ない性質でして、
この読後感はいつ振りだか。

のんびりまったり舐めつくすように読んでやろうと思ったのに、
後半無理でした……
没頭して一気読み余裕でした……。

映画も漫画も小説もそれぞれに違う味があって当然ですが、
なんかこう、
小説の味が一番中毒性が高い(私にとって)のは、
多分、もっともその中では抽象的だからなんだろうなぁ……
内包する自由度の高さというか。
書く時もそうで、
自分の中では映像化されている情報の、
何を描写して何を描写しないかの取捨選択が出来るところが好きです。
映像をとる技術があったらどうなるか、分からないですけど。

これでちょうど手元にある小説が一段落したので、
まったりとしたものを読みつつアンソロの制作しつつ、
また自分の文章でも書きましょうかねー。

ミステリは好きなのですが、
没頭型、ないし憑依型なので自分が書く事が出来ないのは痛しかゆし。
書けたら書けたでセルフ駄目出ししまくりそうでアレですけど。
スポンサーサイト
2012-08-03 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年06月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード