沈黙


映画を映画館で見たことある人はたくさんいると思います。
ライブをホールなんかで見た人もいると思います。
演劇を見に行った人も、
クラシックを聴きに行った人も、いると思います。
だから多分みんな、
「閉じた空間の全員が同じものを待っている」
あの独特の空気を味わったことがあると思います。

シャッターチャンスを狙うのに似た緊張と、
これから始まるものが楽しみである高揚感と、
同じものをその空間にいる人全体が楽しみにしている、
個人の集団ではなく群体になってしまうあの感じ。
好きです。

先日見に行った映画で、
照明の落ちた瞬間は圧倒的でした。
144人定員の映画館はほぼ満員で、
下は10代終わりかけから、上は天井知らずな感じのバラバラの、
文字通りの老若男女が詰まった映画館。
照明が落ちた瞬間は、闇が圧縮されてしまったかのようで、
身じろぎの軋みも、
咳払いも、
ペットボトルの蓋のかしゅかしゅいう音も、
何一つ聞こえませんでした。
その場の全員が、
その古い映画への期待と緊張を込めて、
前だけを見つめて固まっていました。
自分の鼓動の音が耳から聞こえてしまうのではないかと思いました。

一人きりの部屋で映画を見る時ですら、
あれほどの沈黙は保てないような気がします。
多分、今までの人生で一番の純度の沈黙でした。

あれはやはり、幸せだった、のだと思います。
スポンサーサイト
2013-08-16 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年06月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード