最大級の賛辞


めちゃめちゃ楽しい昼間&晩御飯の話は、
後程しらふな時にします。

結局一人で飲みに行った先、
定休日を忘れてご機嫌伺いにあがった店で、
うっかり入れてもらっちゃいました。

そこにいるのは歴戦の猛者たち。
男性三人、女性一人。
どうしてだか混ぜてもらえた私も含め、
全員でそれぞれ自己紹介。

恐らく同業者たちの懇親会らしく、
何故私が混ぜてもらえたのか怪しいレベル。

で、その中のそれこそ猛者らしき女性の言葉が素晴らしかった。

「私あんた嫌ーい、大好き過ぎて気持ち悪いから嫌ーい!!」

恐らく飲食業の水商売長そうな同性に、
これ以上言われる賛辞がありましょうか!!!

他にも、
本人的には「どうして嫌いか」を言っているはずなのだけれど、
言われている方からすると「認められている感が凄い嬉しい」言葉の数々を受け、
そのお姉さまは先に帰られました。

何が彼女をそう言わせたかはさておいて、
言われてるこっちは、
傍から見たらディスられているはずなのだけど同性的には言われることが誉れ、という、
世にも珍しい状況に陥りました。

いやあ、本当嬉しかった。
喜んだらお姉さま余計に怒るから喜べないけど。(笑)




日中の話は酔ってないはずの明日か明後日に書きまーす。
スポンサーサイト
2014-02-17 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年08月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード