誰もいない誰かの場所


昔から、
誰もいない空白のスペースにいるのが好きで、
見つけるのも得意でした。

屋上への階段の手前、
誰も使わない渡り廊下の端、
誰かの家の半地下ガレージ、
マンションの屋上、
共同住宅の階段、
誰もいない公園。

そういうところで、
雨を眺めたり、空を見上げたり、
本を読んだり、音楽を聴いたり、
ものを書いたり、考えごとをしたり、
そういう、
地縛霊みたいになる感覚が好きでした。

今、なんだか廃墟めいた団地の階段に座って、
飲み物を飲みながらぼんやりしています。

何も変わっちゃいないのです。
スポンサーサイト
2014-08-28 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年08月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード