ショウ・マスト・ゴー・オン!


無事に定時上がりを果たし、
華氏451見てきました!!!

ヌーヴェルヴァーグ大好き一家なので勿論トリュフォー大好き。
(私はどちらかといえばゴダールなんだけど)
トリュフォーは何たって何もかもが可愛いんだよー、
フランス製香水の箱やお菓子の箱の色合いに似て、
ナボコフ言うところのニンフェットの年頃のどちらかといえば男の子の複雑さや悲しみがあって、
ぱっと見かわいらしいトリュフだけど中身が癖のあるリキュールのチョコレートボンボンみたいな
いやはやいやはや。
長くなるからやめよう。

あと最低一回、出来れば二回は行く予定です。
「行きたいと思った時にはすでに予定は決まっているッ!!!」

華氏451はご存じの方も多いと思いますが、原作ありのSFで、
本が禁止された世界の話です。

本が好きだったであろう原作者の書いた
本が禁止された世界の話を
多分本が好きだったであろう監督が映像化して
映像化が割と嫌いで原作至上主義者の私が
映像を目当てに見に行って(原作も好きだが)
本を焼き払うのが仕事の主人公に対して
初めて本を読み始めた瞬間に
「あーああ読んじゃったーいけないんだーw」的に思ったりして

裏の裏の裏の裏の裏は、みたいな気分になりました。

以下少しネタバレ含むので反転。

しかし図書館を燃やすシーン、
あれは本当に、美しくて力強い殉教だなぁと軽く身震い。

あと、旦那に「本か俺か選べ」って言われたら多分私即答で本選ぶ。

最初の入り方の演出すげえなぁとか思ってたんだけど、
伏線になってるとは思わなくって膝を叩く気持ちに。

ネタバレ終了。

女性キャスト達のコートがものすごい可愛かったー!!
あと、消防隊(←焚書係の名前)のエンブレムもいい味!!

ショウ・マスト・ゴー・オンはけしていわゆるショウだけでなくて、
読書そのものが脳内劇場かもしれないとか、
そんなことを思いました。

帰りの電車を見回したら、
スマホや漫画の人もいたけれど、
本を読んでる人もたくさんいて、なんだかほっとしました。


おまけ。
映画館で蚊の羽音に悩まされたのは初めてです。
スポンサーサイト
2014-10-14 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年05月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QRコード