速けりゃいいってもんじゃない


「生きることはリズムだ」
「歩くことも」
「走ることも」
「呼吸することも」
「心臓も」
「愛することも」


こういう類のことを言っている大好きなものに、
15歳かそこらのときに出会っている。


さて、それはさておいて、
最近の歌手が古い曲をカバーしているのを聞く度、
高確率で

「そうじゃねえよ!!!」

と思う。
というもののうちほとんどが、
速度である。

この辺は共感覚の話にちょっと寄ってくるのだが、
あんまりキーまで変えてくるものは無い(ような気がする)。

私がそう思うのは大概が速度の話だけである。
いや、キーが違っても違和感は勿論あるのだけど、
速度の違和感とはまた意味が違う。
キーの話は話題が大分逸れるから割愛する。
速度の話だけでいっぱいいっぱいである。


例えば、少し想像してもらえば分かるのだと思うのだけど、
うなだれて家まで帰る日の速度、
例えば歩速と心拍数、と、
物凄い凹んでマイナス気分の日に変える速度、
同上、
とは、
明らかに違うと思う。

勿論逆も然りと思う。

し、別に縮めり伸ばしたりしたところで、
一つのうたのメロディや和音の美しさに違いは無いとも思う。


が、やっぱり一周して、
例えば落ち込んでる日とやる気満々な日の呼吸が違うように、
一つのうた(メロディと詩の両方を込みで)に対して、
速度として適正な速度は違うと思う。

「あ、この曲は速度を変えるとこういう解釈に聞こえるな」、
というのもあるし、
「この曲を速度を変えると台無しだな」、
というのもある。

色々あるけど、
全般的に、
世の中は速度に対して余りに鈍感だな、
と思うことが多い。

自分の呼吸、脈拍、
そういうものに、無自覚な人が多いのだろうか。
色んな意味で、何か、不安定なものを感じる。
スポンサーサイト
2015-08-26 : 散思考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年06月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード