木曜日なんて大嫌い


小さい時に通っていた内科・小児科は、
木曜日が休診日でした。

どっこい、私は何故か必ず水曜の夜か木曜の朝に体調を崩し、
母に「また!?」って逆切れ気味によく言われました(理不尽)。

で。
見事にこの間の水曜の夜からぶっ倒れてました。

水曜の朝には「あ、風邪だ」と思う程度、
咳が出て、「ああ、これは今晩は鍋食べたいな」と思っておりました。
風邪を感じたら鍋を食べてひく前に治す、それが私のジャスティス。
ところがこの日、お給料日二日前。
取り敢えず栄養価だけは、と、
親子炒飯なぞ作って食べて、温かくして寝ました。

備忘録をつけ、目覚ましをセットし、明りを落として布団に入り。
熱発しました(誤字にあらず。ねっぱつ、はある種の業界用語だそうです)。

昔から風邪をひいてもほとんど熱を出さず、
頭痛・咳・喉の痛み・鼻水まで揃っても熱はほとんど出ないとかザラだったんですが、
その時は何の前触れもなく熱発し、
しかも夜、熱さと暑さと寒さが同時に来て眠れないという地獄を味わいました。
平熱35度台前半だけど、あれ多分38度後半出てたと思う。
実におそらく10年以上ぶりの高熱です。

翌木曜朝はもう「あ。無理」と判断して休んだのですが、
その日の夜は父と飲みの約束がありまして。

人生多分初の、体調不良によるドタキャンしました。
(当日忘年会に誘われたけど飲み続けてたから断った、は過去に一度あり)

まぁその約束が流れたおかげで父が差し入れに来てくれて、
もそもそと最低限の食事、ぐびぐびと水分を取り、
結局木曜日の朝から金曜日の朝に至るまで、ほとんど寝っぱなしでした。
寝過ぎって腰が痛くなるんですね。

勿論そんな体調で寝てたら何もできない訳で、
メールを読むことと打つことすら最低限しかできず、
結構な人数に失礼を働きました。
勿論不可抗力ではありますけども。

翌金曜日、
仕事が詰まっているので出来れば行きたかったのですが、
起き上がった瞬間に無理を悟って欠勤二日目。
職場に行くことは出来ても一日仕事出来ないなと思って。

ともあれ動けるようにはなったので、
ウイルス性胃腸炎でぶっ倒れた時以来の病院へ。
この時には既に熱は平熱まで下がってましたw
そのあと、よろよろ自転車漕いで整骨。
余りの体の重さに耐えきれず。

後はおうちでひきこもり、
少し元気が出たら本や漫画を読み、
うつらうつらして、軽いものを摂り、といった過ごし方で、
結局土日とセットで4連休でした。
ちょっと近場へ出たりはしましたが、久々にのんびり。

日曜にお誘いがあったのですが、
一刀両断レベルのお断りを入れました。
病気による遊びのお断り、多分人生で二度目。

私信:
ご迷惑とご心配をお掛けいたした皆様、
本当にありがとうございますです。
本復はしておりませんが、残業できる程度には元気です。
林檎買ってきました。


ところで、体調不良のきっかけですが。

ひきはじめ↓
「薄掛けじゃ寒いの分かってるけど、干してない布団で寝るのもなー」
とか思って本掛け干せる天気を待ち続けて薄掛けで寝てた結果

多分引き金↓
「火曜日夜に新しいCDを2枚買ってうっきうきでそれらを入れたiPodが、
水曜日の帰宅途中に聞いている途中で前触れもなく反応しなくなった」
という事実に対するメンタルブロウ


だと思います。
割とガチで。
かざみさんのメンタル、
局所的に豆腐どころかクリームレベルです。
スポンサーサイト
2015-09-07 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年09月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QRコード