誕生日後、祈念旅行14000/105500


熊野詣、三日目。

大日越の醍醐味はあくまで「本宮→温泉」なのでやめて、
バスで新宮へ行こうと思ったらまたしても女将さんが送ってくれました。
川の水の美しいこと……。

話をしてたら、民宿のお客さんの逗留期間が凄くて、
一緒に止まってた人は水害で家が流されて5年泊まってるとか、
土木作業員が7か月泊まってったとか、
何か、それは民宿なのか……?
それともよそでもよくある話なのか……?
謎です。

さて、楽して熊野速玉大社。
さっくりお参り、牛王印とご朱印とお守りゲット、
そこから、速玉大社の元宮の神倉神社へ。
石段を男たちが松明持って駆け降りるので有名な神社です。
毎年2/6開催。

行ってみて。
「…………どう駆け降りろとこんなもん…………」
一段上がるのにも結構な段差、踊り場少、もちろん石段は不揃い、
この日は楽をするつもりだったのに結局また登りました。
地元民たち(ご老人ばかり)がさかさか登ってくの、怖ろしい……。

何とか踏破して見下ろすと、
見下ろしてるのに山の上に海があって、
何となく補陀洛渡海の気持ちがわかった気がしました。
いつまでも見ていたい景色でしたが、
慣れないリュックサックで安定が悪いので後ろ髪引かれながら退散。
勿論降りるのも超怖い。

さて、汗もかいたし一休み、
美味しそうな氷屋さんでじゃばらのかき氷。
じゃばらという柑橘類があって、
随分前にそのジュースを飲んだら美味しかったのを覚えていたので。
原液も舐めさせてもらいました。
「すっぱにがうまい」という形容しがたい味(笑)で、
料理に使ってみたいですが、美味しかったけどお高いみたいです。
花粉症に効くらしいですよ?

大変美しい熊野川の川辺でちょっとのんびり。
さらに神社を一つ回っても、チェックインまで大分時間があります。
通りがかりの酒屋さんで、熊野の地酒「太平洋」のワンカップが売っていました。
取り敢えず一つ買って、近所の徐福公園へ。
「不老不死の妙薬を求めて日本へ来た」伝説が日本中にある、あの徐福です。
ここへきていきなり中華風の公園。(笑)
そしてそんなところで塩昆布つまみに昼からワンカップ煽る私。(笑)
「徐福茶」なる漢方茶を売っていたので買ってみて、
駅の売店で更にワンカップを買い足し、
今度は新宮城跡へ。また石段。

川と海とに挟まれたような城跡、
城壁に座って太平洋を眺めながら「太平洋」を飲みます。
鳶がたくさんいて、飛ぶ鳥の腹をこんなに間近で見ようとは、とか思いました。
羽の動かし方や風の切り方を見て、ちょっと航空力学に興味が湧いたり。

少し早い目に宿に入り、うたた寝してから晩御飯、
この日はたこ刺し、鹿刺し、しらす丼、「太平洋」一合。
酒に飢えてたのかもしれませんけど、中々美味しいんですよ、「太平洋」。

翌日が更に歩く予定なのでこの日もさっさか就寝。

続きます。
スポンサーサイト
2016-01-29 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年09月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QRコード