誕生日後、祈念旅行37000/105500


最終日です。

出発は大体8時ごろ。
……住宅街の真ん中で、いきなり目印が無くて困りました。
通りがかりの地元民のおじさんが声を掛けてくれて、
取り敢えず正規ルートへ合流。

線路の横をぺたぺたと歩き、
とか思ったら海岸を歩くことに!!
超テンション上がったんですが、
考えてみたら砂浜ってトレーニングに使うほど歩きづらい訳でー…………。
壁の上を歩いてるおじさんがいたので真似してみたのですが、
これが、線路の真横なんですよ……障害物なしで……。
横幅は大体足を揃えた二足分くらい。狭いところは一足半。
左右とも落ちたら惨事になる高さ。
平均台が苦手な人は真似しないでください。

で、その前を歩いていたおじさんが正規ルートへの戻り方を教えてくれて、
線路を越えました。
線路内立ち入り……大丈夫なんでしょうかね(苦笑)

そこそこ整備されて楽々な山道から町中へ。
町中の方が目印見つけづらくて怖かったですが、
その後の峠越えルートがほとんど整備されていなくてちょっと驚きました。
看板壊れてるし、「廃車上の奥が入口」とか書いてあるし……w
峠を二つ越え、今度は海っぺりの国道沿いを延々歩きます。
本州でも最南端のエリア舐めてました。
死ぬほど陽射し強くて、今考えたら日射病気味だった気が……。

ようやく那智駅に着くと、今年の初桜(緋寒桜でした)がお出迎え。
さて、あとはほぼ直線です。
ざくざく歩きます。
大門坂、という地味にきつい石段を歩いている途中、
ふと足を止めた足元の石に「守屋」と刻んであってちょっと笑ったり(字は違うけどねw)。
平安装束、着てみたかったけど時間も体力もお金もなくてねー。

というか、二日目から思ってたんですが、
「○○天皇は34回熊野詣をして」
「出発日は占いで選ばれ」
とか見る度に「暇人かよ!!」と心の中で突っ込んでましたが、
それと同時に、熊野詣は平安貴族が好んだというのを見る度、
「恋の病で死ぬ平安貴族も、身体は頑健なのね……」と思ったり、
とかく昔の人は謎です。
草鞋や脚絆でどうやってあの石段を登ったのやら。

さてと那智のお山に入りまして、もちろん優先は那智大社です。
階段を登りつめた後に振り向いて、
「あーこれだけ登って来たのかー、どうかしてるなー」と思いました(爆)
禰宜さんだか宮司さんが弓の練習してたのが無茶苦茶かっこよかったです。
神職のかっこよさ。
牛王印その他ゲットし、青海渡寺もさらりと見て、次は那智の滝!
……バスツアーの方々に巻き込まれました。
滝の辺りは飛龍神社という神社になっているのですが、
流石観光名所、神職の人がマイク持って説明と別拝観のエリアの案内してましたw

ところで、火扇の祭も那智なのに、
どうも滝と補陀洛渡海のせいで那智には水の印象が付き纏います。
不思議ー。

あと、熊野三山、全て八咫烏のデザインが違うんですよ。
行く予定のある方は是非チェック!

さてあとは帰るのみ。
予定より早いバスに乗り、
勝浦駅前でまぐろ丼食べて、
足湯浸かりながら他の観光客の方とだべって、
ぐったりと特急に乗っていたら、一つ目の駅でアナウンスが。

「先行の車両が鹿と衝突したため安全確認のため停車いたします」

一日目が電車遅れだったので帰宅を危ぶみながら待っているとすぐ出発。
はいいのですが、次の駅にて。

「先行の車両が衝突いたしました鹿の死骸を撤去しております、少々お待ち下さい」

…………あの、ものには言い方ってものがありませんでしょうか…………
ああびっくりした。

なんとかかんとか定刻通りに新大阪着、
なんとかかんとか最寄駅着、
最後の難関、帰宅までの急坂ラッシュを乗り越えて、
ぐったりと風呂に入って寝こけました。


さぁ明日から日常が戻ってくるぞー。
取り敢えず今日中に荷物片付けないとですわ……。
あまりに非日常な4日間だったので、
頭の切り替えが出来るのかが実に心配です。

余談。
中辺路リベンジもしたいけど、
次行くなら高野山に行きたいです。
きついと有名ですが。
スポンサーサイト
2016-01-29 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年10月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード