謎の信頼シリーズ


先日ちらりと、
自分のとこの同僚というか部下と言うか、に、
「本当にねぇ、お酒を飲んでらしてる姿が素敵で可愛らしくて、
 こう、とっくり持ってる姿が素敵で、
 髪を上げて着物を着ていただきたいくらいで」
と言われた、というネタを書きました。

その後、
自分の親とかの年代の方々に、
口を揃えて
「見た感じ物凄い若いのに、
 『私らより年上ちゃうんか』くらいに落ち着いてて」
という事を口々に言われました。

今日は今日で、皆から
「何かねぇ、ほんと短いはずなのにずっと一緒にいた気がする」とか
「いるだけで安定した存在感が」とか
「夏の納会だけ来てまたお酒のんだらどうですかw」
とか言われてわやわやしてたら、
わざわざ皆が色んなプレゼントを用意してくれてて泣けました。

京都のお店(仕事)の皆様からも、
それぞれに餞別を貰ったり、
「まだ自分の人生見直せるから」
と諭されたり、
それどころでは無い筈の人たちに沢山気を使ってもらいました。

たった今新幹線内で読んだ皆からの手紙に、
「何か妙に色っぽい不思議な雰囲気」
という謎の文言が書かれていたりもしました(笑)


仕事以外のところでも、
京都にある、たった二回行っただけのお店では、
二回目にも関わらず、
「いいんです、終電無くなっても漫画喫茶にでも泊まる気で来てます」
と言ったら、
「相変わらず漢らしいですね」
と言われてしまい、
「……あれ、まだお会いして二回目ですよね……?」
と確認いたしました。
ついでに言うと、
本当は一人一本の隠しメニューを二本出してもらったりもしましたw

三宮のジンバーでは、
やはり二度しか行っていないにも関わらず、
近所の行きつけレベルの扱いをしてもらって、
色々味見もさせていただきました。
沢山東京のお店も紹介してもらって。

十三のお店では、
紹介があったせいもあり、スパンが短かったこともあり、
そしてお店の人が練馬界隈に詳しかったこともあり(笑)、
二回目には常連に限りなく近い扱いを受けました。

川西のワインと料理の店では、
コース料理とソムリエに選んでもらうワインだけで相当の値段がするはずなのに、
「最後の一杯なんでどうせだから飲んじゃって下さい」
を3杯ほどくらい、
挙句、東京から来てる話をしたせいもあり、
「遠くからわざわざいらしていただいて」
とデザートワインまでサービスしてもらい、
明らかに値段不相応の扱いをしてもらいました。
チーズとグラッパまで飲んだのに、
どう考えても金額がおかしい。
(まぁ、同業者かと疑われたくらいですが……)
挙句、ここでも練馬話が出始めたりとか。

今までも
「飲食店に関して、過剰なサービスを受ける」
という特質は沢山ありましたが、
そろそろ疑問を抱くべき時が来ているように思います……(苦笑)

こちらにいる間だけで、
飲食業の方の名刺が驚くほど増えたんですけど(爆)
私、飲食業関係ないってきちんとお断り入れたんですけどね……


どうもやっぱり、
何処に行っても人に恵まれます。
素晴らしい。

とは言え、こちらだけいい思いさせてもらってばっかりではないと思いたいですし、
次回にでもお世話になったお店情報、一挙公開行きましょう!!


あああ、さようなら関西。
なんかふらりと遊びに来そうな気もしますが。(笑)

スポンサーサイト
2016-02-29 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年06月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード