ディレッタント


ディレッタント(〈英〉・〈フランス〉dilettante)
芸術や学問を趣味として愛好する人。好事家。

芸術愛好家、好事家。
本来はイタリア語で熱心な音楽愛好家を意味したが、現行は芸術一般の愛好家をさす。
芸術研究の体系的、学術的専門家と異なり、趣味嗜好から芸術品の蒐集、鑑定、研究を行うもので、玄人はだしの域に達する人も多く、しばしば専門家の盲点をつくこともある。
一般には、半可通の芸術知識をひけらかす人を蔑んでいうことが多い。


二件ほど引用してみました。
何某に言われるまでもなく、
私の立ち位置が原義と一番近いのはこの単語だと思います。


さて、昨日。
またしても古巣で会議がありました。
会議ついでにみんなに挨拶、
してから何だかサビ残までして、
それでもまだ夕方早い時間。

ちょっと買いたいものがありまして、京都は清水五条まで。
雨の中をとろとろと歩いて買い物を済ませてもようやく暮れ方、
ぽつぽつと灯りが点きだす頃合い。

取り敢えず、朝から何も食べてなかったので見つけた一件にふらりと入り、
軽く一杯。
その軽さたるや、時間にして15分!!(爆)

さて、勿論納まりません、
胃も舌も。
そういう訳で、引き続きとろとろと歩きます。
灯りはついても開店前の祇園あたりやらを見て
「あああ、金に糸目を付けずに入れたらなぁ……」とか思いました(笑)

結局、五条から歩いて三条まで行って、
舌と財布と雰囲気の兼ね合いのちょうどいいバランスを見つけたのは、
引き返した四条にて、時間にして一時間半後。
妥協? しないよ!!
丸眼鏡のマスターのやっている、
およそ観光客が来そうにもない店で、
二品と日本酒で、お隣の常連さんも交えて少しお喋り。

とどめに奈良へ戻ってきてからもう一件行こうと思ったんですが、
この日早起きだったせいと空腹でちょっと面倒になり、
普通に帰宅しました。

そんな訳で、まだ奈良の飲み屋にまるで入っておりません。
あとひと月半、
果たして何処か見つかるのでしょうか?
スポンサーサイト
2016-05-11 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年05月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QRコード