京都食い倒れツアー


この期に及んで、
というよりはこの期だからこそ、
あちこちから「やり損ねないように」と情報が次から次へやってきます。

ので、まずは京都から片付けてきました。


普段より早起きして、
まずは「関西の鰻」を食べに。
蒸さない奴。

小さいお店に入って、注文して、しばらくしてから
「そうだよ鰻は時間掛かるじゃん」
と気が付いて、
「あと、冷や酒下さい」
って頼んだら、その場の空気が固まりました。ぎしっと。
10人くらいいたんだけど。

タイミングが悪くて鰻重と酒が同時に来てしまいましたが、
鰻のたれが、「たれ」を通り越して「餡」と呼びたい感じのとろみ、
それと実山椒がついてきてたので、
白米と鰻(そもそも二段になってるせいで「お重」感があんまりない)の配分を調整して、
鰻とたれと実山椒でうまうま。
ところであの鰻、蒸してたとしか思えないんだが………。

そこから、観光目的で銀閣寺へ。
が、そこまでの間に、
感覚的には「三歩進んだ」くらいの距離感で、
いい寺社が続く続く……。
「バス停まだーっ!?」
と内心で悲鳴あげてました。
下御霊神社、という、
いわゆる非業の死を遂げた人を祀る神社があって、
要は天神さんとかの魁らしいのですが、
やたらに烏が鳴いてたのが色んな意味で印象的でした。

また、そこのおばあちゃんには、
「今は何処も空いてて見易い時期だよ、良かったね」的な事を言われました。
確かに、圧倒的に旅行に不向きな季節だわな……。
今日の京都は素敵に曇天でした。

ところで、
ご多分に漏れず中学の修学旅行では金閣・銀閣の両方行きましたが、
中学のとき既に銀閣派でした。
入った瞬間に、すっかり忘れていた、
「そうそうこれこれ、シャイニングっぽい入り口!!」
という感覚がぶわっと帰って来ました。
かっこ良すぎだろ銀閣寺………。
あそこの庭は苔寺を参考にしていると知って、色んな事に納得。
個人的に縁があるのだけど、行かれんかったなぁ、苔寺………。

さて、お抹茶を頂いたあと哲学の道を下って行くと、
大豊神社、という神社があります。
個人的に一押しです。
素敵空間です。
社務所に誰もいなかったので、
ご朱印やってんのかどうかも判らなかったのだけが無念。

無念で、神仏周り終了を決めました。
さぁ喰うぞ、いざ錦へ。

「京都のきつねうどんは他所と違うよ」
と聞いたので、出汁屋さんがやってるというお店へ。
……おおよそ予想通りのきつねうどん。あれぇ?
いや、勿論出汁はきりきり舞いしたけど………

納得行かない気持ちは、
京都人大好きなわらびもちと一緒にぺろり。

けど、なんか悔しいので続けて祇園できつねうどんリベンジ。
確かにちょっと違うけど、しかし聞いた話とも違うなぁ……?

やっぱり消化不良を抱えながら、
先斗町へ。
帰る前に鱧を食べるって決めてたんだい!!
鱧の焼霜造りと日本酒。

そしてさらりと〆へ。
前回もお世話になったお店まで、
腹ごなしも兼ねててくてく歩きます。

4ヶ月ぶり3回目、
あっさり思い出されました!!(爆)
「相変わらず強いのばっかり飲んで……」
「ちなみに今日、既に日本酒2合飲んでます」
なお、分類上「原料用アルコール」とされる国内公式では最強の泡盛飲んでました。
たこの白子が美味しくてねー。

「7月頭には帰るけど、具体的日付は未定ー」
と言ったら、
「無理にとは言えないけど余裕があったらまた来てね! 忘れないでね!」
と後ろ髪引っ張られました(笑)

さて、ほんとのところ、
何日に引越しして何日に事務所復帰か完全未定です!!
が、現上司が「可能な限りゆっくり復帰してもらう」と言ってくれているので、
のんびり引越し出来そうです。
やれやれ。

明日は花のお寺へ行ってきますですよ!
スポンサーサイト
2016-06-17 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年10月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード