百聞と一見とその他


百聞は一見にしかず、とは言うけれど、
いまいちその「一見」を信頼しきれない。

体験という意味での一見ならまだ分かるんだけど、
自分の眼がいいからか悪いからか、
「一見」は間違いない、みたいな何かが多分駄目なんだろう。
(だからと言って百聞が正しいとも思わないけど)

色覚が発達しているのか、
私にとっては別の色が他の人には区別出来なかったりという事がある。
人から多く聞いた方が、自分で見るより確実だろうと思う場面も多々ある。

まして、音だの味だのになった日には、
何一つ確かじゃない。
一度は苦手だと思ったものが、後日妙に好きになったりする。
体調の変化で音や味が変わって、
好きなものに触れたくないことだって多い。

「一見」が、回数としての一ではなくて、
一瞬の一ならいいのに、
それなら理解できるのに、
とかふと思う今日この頃。
スポンサーサイト
2017-03-16 : 散思考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年10月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード