アンチ「飽き性」


カテゴリ悩みましたけど内容的にこっちで。

昨年から今年にかけて、
私の好きなアーティストのアニバーサリーが続いております。
実に喜ばしいです。

アニバーサリーの受け取り方は人それぞれだと思いますが、
私は単純に、
「私の好きなものがこれだけの時間在った」
そのことが嬉しい質です。
これはお店でもおんなじ。

これも昔から提言していることなのですが、
飽きる程度に好きなものは、
実質好きではないのだと思っています。
本人がどう思っているかは知りませんが。
好き、という言葉は、そうそう軽くないと思います。
むしろ、飽きられるならいっそその方が羨ましいくらいです。
私の思う「好き」は、
想う人を呪うものです。

さておき、
そんな呪いをいっぱい受け続けているここしばらく。

例えば、
「伝説のワンマンライブの映像}
……最前にいましたが何か。

みたいなものが多いです。

別に優越感も無ければ劣等感も無いです。
ああ、そうだこれだ、と想います。

その時その時に確かにそれが好きで、
ただそれが続いたから今に至るだけで、
自分が何か誰かのファンだと思ったことは未だかつてありません。

ただ、
ああ、この人の作るものは信頼に足るなぁ、
と想う人がいるのみです。

好きとか嫌いとかそういうもの以前の問題。

繰り返し言いますが、
飽きることが出来る程度のものは、
多分好きにすら至っていないと思うのです。
スポンサーサイト
2017-04-06 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年05月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QRコード