匿名不在一市民


初めて聞いた時、
あまりの自縄自縛っぷりに度肝を抜かれた話があります。

サスペンス映画か何かに影響されたのでしょうか、
「自分が冤罪を蒙った時、アリバイが証明できないとまずい」
と思ったと。
そこまではまぁ分かります。

問題はそこからで、
ありとあらゆる瞬間に
「自分が今ここにいたという証明を出来ないとまずい」
という考え方に至ってしまい、
やたらとレシートをとっておくのは勿論、
周りの人に無駄に時間を聞いたりとかしてたとのこと。
他にも物凄い徹底していたのですが、
被害妄想とオブセッションの織り成すアンサンブルに、
正気でついていけなかったので正直細部は覚えてません。
(注:小説で聞いた話とかではなく、実際にやっていたという人から聞いた話)

とにかく、パズル寄り推理小説で出てくるような、
行動タイムテーブルに水を漏らす隙も作らないように生活していたという、
気色悪い話です。


私はむしろ真逆で、
仕事とか知人絡みならともかく、
出来うる限りアリバイとか聞かれても立証できない方がいいです。
立証できないのが望みではなく、
「何月何日の何時にはここにいて何をしていて、
 その後こういうことがあって」
という記録や赤の他人の記憶があるのが割と嫌だからです。

正直、仕事でもお客さんから私個人を認識されるより、
「店員A」
的な覚えられ方をしている方がいいのですが、
他人の記憶を弄れない以上それにも無理があります。

名前のつかない、
連続性の無いただの一般市民として影のように揺蕩う時間が欲しいんですよーぅ。

「リトル・グレイ・マン」
がある種の理想なのですが、
「それほどお前とかけ離れた概念ねぇよ」
と言われるのが悲しいところです。

こうなると個人的信条の、
「加齢は個を薄める」
に希望を託すしかないのですが、
んーーーーー、検証できるの何年後なんでしょうかねこれ…………。(苦笑)

(本日の記事は幾つかの作家の作品をリスペクトしています)
スポンサーサイト
2017-04-22 : 散思考 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年10月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード