とんちきな格好


以前読んだ小説の中に、
「玄人がなんつーとんちきな格好してやがるっ!!」
っていうシーンがあって、
「あ、そうだこれだ、とんちきだ、」
と思ったのでした。

なんの話かって、そりゃ、
時折私がやる頭おかしい感じの組み合わせの服装ですよ。

こう、正統派のお洒落ではなくて、
「何がどうしてそうなった」
っていう、イロモノぎりぎりの格好を定期的にしないともやもやするのでね、ね。
「頭おかしい」でも近いけど決定的じゃない、
「クレイジィ」もちょっと違うし、
うん、あのさじ加減は「とんちき」が良く似合う気がします。

で、昨日はそんなとんちきな格好して、
浅草でいつものTさんと遊んできました。
第一声は「風呂敷みたいな人がいる」でした。(爆)
和柄のワンピースとカットソーに、
古着屋で買った着物羽織に手を加えた上着に南米の飾り紐、
足元は黒のぴかぴか革靴!
この辺の組み合わせをやらかすことについて、
もともと好きな挙句に森村泰昌が更に背中を押したのは間違いありません。(笑)

ホッピー横丁で昼間酒ぐびり。
ぶらぶら歩いて浅草寺や仲見世冷やかして、
夕方にはそそくさと神谷バーへ。

そこそこ人は入っていて、
空いてる席が、おう、あったあった、相席よろしいですか。

これがめちゃめちゃ楽しかった。
いやまぁいつものことだけどいつもに輪をかけて楽しかった。
神谷バーの重鎮お二人と、京都から来ていた方が一人。
ぐだぐだだらだら話しまくりました。

京都からの方とは高円寺や池袋の話になったり、
重鎮の片方の方には何だか異様なまでに惚れこまれてしまい、
七十路の方と艶話するって何という谷崎臭。

「ヲイ、チョット上着ヲハダケテミセテヲクレ」
「アラアラコンナ感ジデヨロシイカシラ」
「オ前サンハ靴マデ流石ダネェ、シカシ銀座ニ行クニハヒィルガナイトナ」
「当タリ前デショ、銀座ニ行クンナラトビッキリノヒィルニシナイト」

……瘋癲老人日記だ、これ……。
割と実の会話そのまま引き写しなんですが。
しかし、靴にまで気が回るとは流石浅草っ子、粋ですな。

そんなこんなで随分奢ってもらってしまいました。
時々、自分が果たしてどれだけ奢られてきているのか不思議に思います。


ところで話は戻って「とんちきな格好」、
これがまた不思議なことに、
高齢の方にめちゃめちゃ受けがいいのです。

同級生や多少上くらいだと
「うわ、すごい恰好してる(良くも悪くも)」
っていう反応なのですが、
ご年配の方々からはやたらと好評で、
ある意味ご年配の方の方がパンクなのかしらん、
とか思います。
駅とか電車内とか劇場とかで、
突如話しかけられるので結構びっくりしますw

私がピアス開けるって時(ちなみに高1)、
両親は止めたけど祖母たちはむしろ
「お洒落のためなんだしいいじゃない」
くらいだったしなぁ……(笑)
両祖母とも着道楽だったから理解があったのかもですが。


そんなこんなで何だか何処に行ってもご年配の方に可愛がられ、
父宣いて曰く、
「お前ほんと天性のジジババキラーだからな」。
んー。
遺産目当てと勘違いされないようにしないと。(笑)
スポンサーサイト
2017-04-25 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年08月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード