寄せ物の浜


昨日、
全社会議のための出張の後、
某友人とご飯食べに行ってました。
関西料理のお店、
「なんじゃその組み合わせ!!!」
と歓喜なめにぅで一杯でした。
お豆腐に「吟醸」ってつけるんだ……。

さて、その時ゲームの話で盛り上がりまして、
PSvitaのゲームの話題が出ました。
「貸そうか?」
「いや筐体がねーよ」
「別に本体ごと貸してもいいけど」
これが昨晩の出来事です。


本日。
別の友人から留守電が入ってました。
来週会う予定の友人で、
「具合でも悪化したか!?」
と慌てて折り返したら、
「聞き忘れてたんだけど、vitaあったら要らない?」

…………ちょっと頭の具合の悪い方だったら、
盗聴・監視妄想入っても仕方ないレベルのタイミングの良さよ。
別に1000円とかでもいいよと言われたのですが、
状態が良くて、ブックオフの下取ですら8000円保障とか言われたら、
そらもうちょい出しますわ……
彼女の経済状況、良くはないはずだし……。

「いやさぁ、いつもながらありがたいんだけど、
 しかしどうしてみんなそんなに気前よく物をくれるかね?」
と雑談したら、
「無欲だから何かあげたくなるんだよね」
と言われました。
無欲かー…………?

事務所勤務の当時にも、
割と仲良かった人にしょっちゅう
「これ要る?」
「あ、貰います」
と、大層しょーもないものを貰っていて、
その人に言わせると
「私には使い道が分からないけど、
 あなたなら何かすごい使い道を思いつきそう」
という理由で、あれやこれやよくくれました。
実際その場で思いつくものしか貰わなかったはずなんですが、
やたら貰ってた記憶が。

大体がいつもこんな感じなので、
自分が何だか、
よく物が漂着する浜か港のようだなぁと思います。
多分、コーミングするとお宝ざくざくです、(笑)
2017-09-02 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

或る視点


歩くのが好きだ。
音楽はあってもなくてもいい。
でも、
知らない道を歩くときや、
知らない時間に歩くときには、
やっぱりない方がいい気がする。

自転車で走り慣れた道を歩いていく。
自動車で見慣れた道を自転車で走る。

変わる速度、目線の高さ、
目につくものや耳に残る音。
通い慣れていた道の樹は、
柑橘系かと思ったら近寄って見たら柿だった。

東からゆるりと朝が追いかけてくる。
聞こえる音は5分単位で変わっていく。
虫や鳥が目を覚まし始める。
家に灯りが点きはじめる。
点いていた灯りが消えもする。
車の音が徐々に増えて、
いつの間にか踏切の鳴る音が始まっている。


歩いていると大体、
靴を脱ぎたくなってくる。
アスファルトは年々クオリティが上がっているのだろう、
昔のようなとげとげしたアスファルトは減っている。
真新しいオレンジのとげとげ、
木の根っこで持ち上がって中が見えてしまっているアスファルト。
疲れた足は歩道の縁石で、
青竹踏みの要領でたまにぐりぐりしてやる。
高校の頃はよく裸足で帰って怒られたものだが、
怒られる理由が
「ガラスの破片にHIVのウィルスでもついてたらどうすんのよ」
という斜め上な発想だったのは如何なものだろうか。
よく歩く私の足の裏は多分厚い。

段々アスファルトが熱くなってくるのが分かる。
晴れた日の真夏は黒いアスファルトの上を歩くなんて難しくて、
白線渡りと化すことが多いけれど、
薄曇りでも気温だけでじんわり熱くなるらしい。
夏のアスファルトの匂いは独特で、
いつも何となく嬉しいような落ち着く気持ちになる。

わざわざ自転車を止めてまで見る程でもないところに、
逐一寄り道をする。
閉まっているお店の中を覗きこみ、
謎のプレハブ小屋の周りをぐるりと観察し、
不思議な外装の家をしげしげと見まわす。

家に着く頃には、
早朝は使い果たされて、ただの朝になっている。
ぐずぐずと引き伸ばしてきた帰宅が終了してしまう。
ちょっと心の中で舌打ちをしながら水風呂で汗を流して、
カーテンのない明るい部屋の中で眠りにつく。

今まで見逃してきた隙間について、
まだ確認できていない見知覚の隙間について思いながら、
ゆるりと眠る。

どうか安らげるようにと、
それだけを望みながら落ちていく。
2017-08-29 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

狐の花火見物


昨日は、川越で花火大会がございました。

花火と言えばもちろん浴衣。
そして、川越には名物の狐のお面がたくさん売ってます。
お稲荷さんが二つもあるのだとか。
20170826_141301_R.jpg


と言う訳で。

晴天の中、狐が川越へ参ります。
20170826_173815_R.jpg
前回は秋だったので里狐風でしたが、
今回は宿場町なので町狐風。
ちょいちょい注目されていた模様(笑)


さて、暑い中ようよう辿り着いた川越で、
まずは腹ごしらえに鰻屋さんへ。
……メニューを開く前に恐ろしいものが。
20170826_132102_R.jpg 20170826_133026_R.jpg

なんてもんを取り揃えてくれるっっっ!!!
私が山椒大好きと知っての事かっっっ!!?
駆けつけ一杯とはこのこと。
ぱりぱり目の白焼きとの相性が最高でした。
割と真剣に、製造元からダース買いしたいくらい好きな味(笑)

川越に来たにしては珍しく観光ルートなどを巡り、
探し物(しかも委託)をしてみたり、
雨宿りに抹茶とわらび餅うまうましてみたり。
醤油、買いたかったけど流石に断念。
重いしそもそも今月金欠。

時々暑さでくらくらしながら&通り雨にやられながら移動、
麦茶と日本酒と氷を確保して、
ちゃっと席を確保したら、さぁ屋台ですよ!

取り敢えず暑さでふらふらだったしかき氷。
氷すい食べたかった……
でも無かったのでブルーハワイ。

を、途中まで飲んだ後は、
どぼどぼと吟醸酒を入れてカクテル化しますw
ブルーハワイの焼酎みたいな味になりました。
夏にはいいですねぇ。
20170826_175800_R.jpg

始まってびっくりしたことには、
近い!!!
そして低い!!!
打ち上げ場所は沼だったのですが、
一番低いところは水中花火もやっていたとか。
場所的に見えなかったですが、納得の低さ。

全国各地からの新作花火もあって、
ネーミングセンスに爆笑してみたり。
花火を見ると必ず読みたくなる小説があるのですが、
やっぱり読みたくなりました。


さて、ゆるゆると引けまして。
狐は運び屋さんと一緒に馬刺しで焼酎を飲み始めます。

が、この居酒屋さんがいつもながら難物で、
何がってBGMが世代的にどストライク過ぎて、
一人でも誰かとでも、
来たが最後カラオケに行きたくなる呪いがオートで掛けられてしまいます。
運び屋さんは勿論帰るつもりでノンアルコールだったのですが、
呪いと美味しいうずらの煮卵(つまみに最適)でスイッチが入りかけ、
とどめに一押ししたら折れました。
と言う訳で飲み会が開始です。
体質以外の要因で飲めない人と一緒だと、
やっぱり酒の味はちょっと落ちちゃいますのでね。

で、さらさらと飲んで、食って、
狐から人間に戻って、カラオケに向かったのが既にして日付変更後。
2.5hを目処で考えていたのですが、
それだとフリータイムの方が安くなると言われたのが運の尽き。
気が付いたら3時半超えてました。
完徹ではないけど、感覚的には半徹くらい。

だって翌日(今日)仕事なんですもの。

こういうこと書いてると我ながらいつも思うんですけど、
本当に社会人なのか疑わしいですよね…………。

ちなみに、カラオケでは最近たまにやっている、
男女声を入れ替えて歌うのが楽しかったです。
(男性アーティストの曲を女性っぽく、
 女性アーティストの曲を男性っぽく歌う)
カラオケって、一緒に行った人との組み合わせで歌う曲変わりますよね。


さて、ひと月の間に2.5回もカラオケオールか……
って自分ながら呆れてるんですが、
恐ろしいことに明日も仕事後に飲みに行きます。
…………何時に帰ることになるんだろう…………。
2017-08-27 : 日々雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

かざみ

Author:かざみ
つれづれなる海月のような生き方を目指しております。

thanks10000hit!(10/10/'16)
把握出来る数字を飛び越えました!

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

< 2017年09月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QRコード